伊豆 割烹旅館 しもむら@白岩温泉 その2

伊豆 割烹旅館 しもむら
05 /13 2013
gwgw 106

お湯は無色透明。

匂いも殆ど無い。

内風呂だが、開放感がある。

こちらも、一時間区切りで自由に貸切できる。

gwgw 134

朝ごはん。

gwgw 135

おや、夕べお会いしましたね。

gwgw 138

宿の裏手は川が流れており、

小さな畑で、女将が色々な野菜を育てていた。

gwgw 142

そのまま修善寺へ。

gwgw 141

手水が温泉水。

手に取ると、温かい。

gwgw 148

gwgw 146

紅葉も素晴らしいが、

光に透ける新緑の美しさも、格別。

新緑は黄金。

いつか見た外国の映画で

主人公が呟いていたのを思い出す。

gwgw 152

わたし「あ、ここ有名みたい」

おともだち「ちょっと早いけど、食べちゃおうか」

gwgw 150

十割蕎麦。

そうめんなみに麺が細い。

のどごしは良いが、香りは感じなかった。

gwgw 145

好みは人それぞれ。

スポンサーサイト



伊豆 割烹旅館 しもむら@白岩温泉 その1~親切なジャイアンは着物姿~

伊豆 割烹旅館 しもむら
05 /12 2013
割烹旅館 しもむら。

gwgw 109

入り口をくぐると、

gwgw 127

すぐに部屋につながっており、

受付などはない。

gwgw 101

8畳の和室。

テーブルクロスが、何故かハワイ風。

gwgw 139

gwgw 132

窓からの眺め。

gwgw 136

わたし「割烹と料亭って、同じかな」

おともだち「違う気がする…」

普段からぼんやりのわたしには、


料亭 = 政治家


くらいの認識。


曰く、

割烹は、店舗内で料理を作る。

料亭は、おもてなしをする者がいて、

料理は外から調達する。


料亭 = 複合的贅沢お楽しみシステム


わたしの認識、

それほど間違ってない。

gwgw 128

貸切の内風呂。

温泉掛け流し。

gwgw 110

食事はすべて、

別棟の割烹料理店でいただく。

gwgw 112

撫子のあしらい。

gwgw 114

前菜 竹の子酢味噌

わらびポン酢

揚銀杏 たたみいわし

女将「今年は竹の子が裏年で、これはとっても貴重よ」

gwgw 115

お造り 金目鯛 鮪 烏賊 甘海老

女将「新鮮よ、金目は明日また出すからね!」

煮も乃の写真を撮り忘れる。

gwgw 116

女将「わさびは丸くすってね、香りが違うから!」

gwgw 117

焼物 鰤 塩焼

gwgw 118

蒸も乃 鯛頭酒蒸し

女将「ほら、この骨魚の形でしょ?魚の中に魚ってね!」

お気づきかもしれないが、

ここの女将は、

親切なジャイアン的要素がある。

gwgw 120

揚物 穴子 竹の子 わらび天麩羅

わらびがほろ苦い。

春だね、とふたりで笑う。

gwgw 121

酢のも乃 大根なます

gwgw 122

お食事 野菜雑炊

女将「ほらほら、さっきのわさびを入れてみて!美味しいから!」

優しい味に、わさびの香りが引き立つ。

gwgw 124

フルーツ パイナップル リンゴ オレンジ

gwgw 126

ごちそうさまでした!



kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。