山荘 天水@天ヶ瀬温泉 その2~泊りじゃないよ、立ち寄りだよ~

天ヶ瀬温泉 山荘 天水
06 /13 2013
kumamotokumamoto 244

満腹後、まずは露天風呂へ。

kumamotokumamoto 238

滝観庵。

外来入浴者も入れる、露天風呂。

kumamotokumamoto 242

お湯は無色だが、微かに硫黄の匂いがする。

わたしの他に、誰もいない。

ぼんやりしている耳元に、

静寂を縫って、滝の音。

kumamotokumamoto 239

桜滝。

小さな札に、

『砕け散ること花の如く 

 流下すること簾の如し』

と、控えめに書かれていた。

kumamotokumamoto 266

五つある貸切風呂の一つ、

きり湯。

やや熱めのお湯。

kumamotokumamoto 245

天水は、

主だった特徴には欠けるが、

スタッフの対応、お宿の雰囲気、お料理に至るまで、

全てが行き届いていて、

こうありたい、という一貫した姿勢を感じた。

これから時間を重ねて、

他は及ばない、独特の空気を、

纏う様になるかもしれない。



スポンサーサイト



山荘 天水@天ヶ瀬温泉 その1

天ヶ瀬温泉 山荘 天水
06 /11 2013
kumamotokumamoto 270

山荘 天水。

kumamotokumamoto 269

岩をあしらった玄関門。

kumamotokumamoto 235

鬱蒼とした広大な敷地を、しばらく歩く。

わたし「広いね」

くま「たしか一万坪です」

わたし「わー」

隠れ住みたい。

くま「ここは、二年かけて庭を造ってから、建物を建てたそうです」

何とも豪快な話。

kumamotokumamoto 236

kumamotokumamoto 237

昼会席。

お品書きが無かったので、ややうろ覚え。

kumamotokumamoto 249

八寸。

艶やかさに、驚愕。

くま「ちょっと雰囲気が違いますね」

わたし「今までとね」

kumamotokumamoto 250

何というか、

洗練されている。

kumamotokumamoto 254

椀物

ふわりとした海老しんじょと、冬瓜。

部屋の明かりが映りこんで、

何やらロマンチック。

kumamotokumamoto 255

お造り

器を眺めているだけで、

うっとり。

kumamotokumamoto 256

ローストビーフと揚げ牛蒡

ドレッシングは、

グレービーソースと、玉葱をベースにした二種類。

kumamotokumamoto 257

穴子 餅米

kumamotokumamoto 258

焼物

kumamotokumamoto 259

海老 烏賊 ホタテ

烏賊のわたをベースにした

出汁につけて頂く。

くま「これは、お酒が欲しくなりますね」

kumamotokumamoto 260

トマト鍋。

温かいトマトは初めてだが、

さっぱりとして、食べやすい。

kumamotokumamoto 261

御飯 留め椀 香の物

kumamotokumamoto 263

水菓子

グレープフルーツのジュレ

kumamotokumamoto 264

窓の外は、強烈な日差し。

黒に縁取られた、

鮮やかな緑。


kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。