旅籠かやうさぎ@日田温泉 その2~ここ天水と同グループだった~

日田温泉 琴平の旅館 旅籠かやうさぎ
07 /08 2013
kumamoto220130625kumamoto2 075

木立を抜けると、

kumamoto220130625kumamoto2 141

岩魚。

内湯と露天風呂があり、

ゆらぎ湯とは、

日替わりで男女が入れ替わる。

kumamoto220130625kumamoto2 139

脱衣所。

エアコンが、

ちょっとおめかし。

kumamoto220130625kumamoto2 131

内湯。

kumamoto220130625kumamoto2 137

誰もいない浴場は、

かけ流しのお湯と、

雨の音。

kumamoto220130625kumamoto2 135

露天風呂。

折しも、九州は入梅。

空気はひんやりとして、

肌寒いほど。

kumamoto220130625kumamoto2 144

うす曇りの静けさの中、

とろりとした、

お湯に浸かる。



スポンサーサイト



旅籠かやうさぎ@日田温泉 その1~美しい味と書いて美味~

日田温泉 琴平の旅館 旅籠かやうさぎ
07 /06 2013
kumamoto220130625kumamoto2 076

旅籠 かやうさぎ

くま「泊まりたかったんですけど、

予約が、取れませんでした」

kumamoto220130625kumamoto2 143

ロビー。

設定は、おそらく大正時代あたり。

建物の陰影が、

室内の雑多な印象を、

ぎりぎりで纏め上げている。

kumamoto220130625kumamoto2 077

食事は、川沿いの個室で頂く。

kumamoto220130625kumamoto2 081

前菜

わたし「わーしあわせ、これはしあわせ」

くま、お酒のメニューを眺めつつ、

「うーん、女性向けです。

雰囲気は天水と似てますね」

山荘 天水

kumamoto220130625kumamoto2 085

水無月豆腐

葛に、砕いた蕎麦の実が入っている。

滑らかで口当たりがよく、

タレも仄かに蕎麦の風味。 

kumamoto220130625kumamoto2 083

川樽燻製細巻き、山桃甲州煮、新牛蒡東寺揚げ、蕃茄寿司

細巻は、

玉子のふわりとした食感と、

塩気の効いた、鱒の燻製の歯ごたえが絶妙。

東寺揚げは、牛蒡と葛餅を湯葉で巻き、

からりと揚げもの。

蕃茄寿司は、

トマトの中に、お米が詰まっており、

酸味が効いた、不思議な味。

kumamoto220130625kumamoto2 086

夏豆白和え

瑞々しいスナップえんどうに、

コクのあるクリームチーズ。

kumamoto220130625kumamoto2 088

水雲酢

水雲、と書いてもずく。

タコが柔らかく、

くま感激。

kumamoto220130625kumamoto2 103

椀盛

かます奉書巻き 清汁仕立て

花穂、クコの実、白髪葱、振り柚子

御椀ひとつに、

この繊細さ!

賞賛に値する。

さくさくした大根の食感と、

かますの旨み。

とろりとした、ジュンサイの喉越し。

和食万歳。

kumamoto220130625kumamoto2 102

向付

天草産 縞アジ 鯛

kumamoto220130625kumamoto2 104

お醤油は、関東で普段口にするものと、

甘みの強いもの。

九州は、味噌や醤油の甘みが強く、濃い。

kumamoto220130625kumamoto2 105

煮物

茄茂茄子と錦雲豚、南京、万願寺、針野菜、水辛子

こちらは、やや洋風の味付け。

温かい湯葉餡で、

優しい味のお野菜を頂く。

kumamoto220130625kumamoto2 114

焼物

鮎魚醤焼きと無花果の田楽

アスパラガス、ズッキーニ、松の実、果母酢

淡白なお魚と、

焼いた無花果の、甘み。

kumamoto220130625kumamoto2 119

変鉢

紅茶鴨ローストと馬鈴薯万十

大鶴野菜のサラダ

ジャガイモは、中をくり抜きクリーム状にして、

揚げた皮に詰められていた。

くま「うーん、不思議です」

kumamoto220130625kumamoto2 123

お漬物を、華やかな器に盛る感覚。

関東では、あまりない。

kumamoto220130625kumamoto2 125

食事

日田米白飯

赤出汁、漬物盛、ご飯の共

kumamoto220130625kumamoto2 126

甘味

蕎麦アイスと桜桃、黒豆、香草

シャーベットに近い、軽い味わい。

蕎麦の実と、蕎麦ジュレで口の中がさっぱり。

食べ終わって、

ふたりとも、

たいへんにご機嫌。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。