高砂屋@小野川温泉 その3~美人さんと一緒~

小野川温泉 高砂屋
09 /16 2013
貸切風呂へ。

gyakuchujakuchu 025

gyakuchujakuchu 024

ほほう。

gyakuchujakuchu 026

いた。

小野川温泉は、

小野小町が旅の途中、病にたおれ、

この地の温泉で病を癒した、

という伝説がある。

gyakuchujakuchu 034

くま「ここのお湯は、バランスが良いんですよ」

わたし「バランス?」

硫黄、ラジウム、塩泉と満遍なく含まれており、

成分に偏りが少ない。

くま「ゆっくり、浸かれるでしょ?」

確かに。

長く浸かっていても、

身体に負担が少ない気がする。

gyakuchujakuchu 027

くま「小野小町の顔が、気になります」

わたし「ん?」

くま「なかなかグラマラスです」

わたし「うーん」

gyakuchujakuchu 032

秘すれば花、と言うけれど。

何となく、九州の狸を思い出す。

狸の衝撃

くま、いそいそと見にゆく。

くま「グラマーな美人…うわっ」

gyakuchujakuchu 030

くま「麻呂です!!」

わたし「…平安美人だよ」

くま「グラマーな麻呂なんて、ひどい…」

ひどいのは、

どちらなのか。


スポンサーサイト



高砂屋@小野川温泉 その2~米沢牛の衝撃~

小野川温泉 高砂屋
09 /15 2013
夕食は、お部屋で頂ける。

くま「安いプランですから、

ご飯は少なめかも」

わたし「お風呂でもう、大満足だよー」

gyakuchujakuchu 012

おひたし

ぬめりのある、シャキシャキしたお野菜。

薄味で、美味。

gyakuchujakuchu 013

お造り

gyakuchujakuchu 011

ゆり根団子のあんかけ

お野菜が綺麗。

gyakuchujakuchu 019

米沢牛入り芋煮鍋

gyakuchujakuchu 017

米沢牛ステーキ

二人、絶賛。

食べてから、写真を撮る事を思い出す始末。

飛騨牛は脂が溶ける様だったが、

飛騨牛のステーキ

米沢牛は、肉の旨味が加わり、

脂が華を添える感じ。

くま「さすが、松坂牛に次ぐNo.2…」

わたし「もう、米沢牛が一番でいいと思う」

gyakuchujakuchu 023

鮭ホイル包み焼き

竹の子と、底にぜんまいのあしらい。

gyakuchujakuchu 021

くまも色々お酒を頂く。

gyakuchujakuchu 018

お吸物

つるりとした麺が入っている。

この後、お浸し、香の物と続く。

ぴかぴかのお米と、茄子のお漬物。

日本人の幸せ。

gyakuchujakuchu 056

素朴だけれど、

きちんと一線ひいた、

プロのおもてなしの食事。

ご馳走様でした!

高砂屋@小野川温泉 その1~山形おしょうしな~

小野川温泉 高砂屋
09 /14 2013
仕事あがり、

新幹線に飛び乗って、

山形へ。

gyakuchujakuchu 063

米沢は雨。

gyakuchujakuchu 058

高砂屋。

gyakuchujakuchu 053

gyakuchujakuchu 061

10室ほどの小さなお宿。

創業は江戸時代以前、という

大らかさ。

gyakuchujakuchu 001

お部屋。

gyakuchujakuchu 010

まずは冷えた身体を温めに、

お風呂へ。

gyakuchujakuchu 009

gyakuchujakuchu 044

真ん中はアクリル板で仕切られているが、

湯の底は繋がっており、

奥はやや熱めのお湯。

この辺りでは珍しいラジウム温泉。

微かな硫黄の香りと、

僅かに白濁したお湯。

天井も高く、

とにかく気持ちいい。

gyakuchujakuchu 047

露天風呂も、

こじんまりとして、

良い感じ。



kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。