眺望の宿 しおり@観海寺温泉 ~ランチと温泉はセットで楽しむ~

観海寺温泉 眺望の宿 しおり
11 /30 2013
眺望の宿 しおり。

kumamonkyusyu 598

くま「晴海のBAN-YAと迷ったんですけど」

再訪するか迷った 絶品うにパスタ

わたし「ここも、ランチすると、温泉がついてくるの?」

くま「そうです」

わたし「贅沢だなぁ」

くま「温泉はどんどん湧いてますし、

この辺りでは、普通の感覚でしょう」

九州ならではの、

贅沢。

kumamonkyusyu 585

落ち着いた雰囲気の、

ラウンジ。

kumamonkyusyu 576

一階のレストランで、

ランチを頂く。

kumamonkyusyu 584

窓の外は、和風庭園。

足湯もある。

奥に見えるのは、

グローバルタワーという展望台。

天気が良ければ、

四国まで望める、らしい。

kumamonkyusyu 575

“食は常薬”

と書かれている。

暖かいほうじ茶と、

冷たい梅酢。

kumamonkyusyu 577

kumamonkyusyu 588

くまは、焼き魚と煮〆を注文。

kumamonkyusyu 590

わたしは、白身魚と豆腐の揚げだし。

黄色い小鉢、

お刺身を漬け込んだ一品。

わたし「これ、美味しい」

くま「“りゅうきゅう”です。大分の郷土料理ですよ」

わたし「りゅー、きゅー」

くま「もともとは、魚の切れ端なんかを余さず食べる為の、

漁師料理だと思いますけど」

ほほう。

お刺身を生姜、みりん、醤油で和えて、

卵の黄身が絡めてある。

めかぶと、スライスした玉ねぎが、

食感を軽くして、

美味。

kumamonkyusyu 596

デザートのプリンは、

ほっとする甘さ。

kumamonkyusyu 578

最上階の、露天風呂。

別府湾を一望。

掛け流しのお湯は、

98度。

空気にさらされ、

適温まで調整される。

お湯に、ややとろみがあり、

お肌がつるつる。

のんびりと浸かり、

南の国に、お暇を告げる。

くま「あ、それ」

わたし「買っちゃった」

kumamonkuma 006

九州の、思い出ひとつ。

デジカメ入れ。

スポンサーサイト



kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。