栗と小布施と紅葉と ~年明け 光陰矢のごとし~

信州 小布施
01 /01 2014
バイキングで、朝ごはん。

tantantantan 258

くま「小布施へ寄って、帰りましょう」

小布施といえば、

おさるの電車は栗に乗っ取られてた

栗。

tantantantan 268

町並みは、

非常に洗練されており、

ザ・観光地、という感じ。

tantantantan 278

tantantantan 270

新旧の建物が、

混在しており、

tantantantan 276

tantantantan 281

若干平易な印象も受けた。

人の手に加えて、

時間が、

必要なのかもしれない。

tantantantan 260

福栗焼き。

栗餡の中に、

栗の実、丸ごと一個。

甘い。

tantantantan 284

焼き栗。

お店の方が、

「今年の栗は、大きいよ」

と言っていたが、

tantantantan 286

大きい。

焼きたての栗、

ホクホク。

くま「“じゃがいも”みたいです。甘くない」

わたし「焼き栗だもん」

くま「天津甘栗と、間違えてました」

小さい方が、甘いですね。

くま、もぐもぐ。

tantantantan 291

帰り道。

国道沿い、

見事な紅葉。

tantantantan 293

眼福。

くま「うーん、これはこれは」

わたし「これは、あれだね」

tantantantan 298

心のアルバムに、

しまっておきましょう。


スポンサーサイト



kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。