双泉の宿 朱白@信州上諏訪温泉 その2

双泉の宿 朱白
01 /09 2014
貸切風呂。

syuhakusiwasu 272

syuhakusiwasu 270

syuhakusiwasu 257

白の泉。

無色透明の、単純温泉。

syuhakusiwasu 269

お湯に癖がなく、

のんびりと浸かれる。

syuhakusiwasu 260

朱の泉。

土色を含んだ、緑色。

重炭酸土類泉。

こちらは、やや鉄っぽい。

syuhakusiwasu 262

外気はかなり冷え込んでいたが、

ナトリウムを多く含む為、

身体が、

芯から温まる。

syuhakusiwasu 274

館内の雰囲気や、

スタッフの質、

お料理など、

全体的によく纏まっており、

安心して、寛げる。

syuhakusiwasu 277

のんびりと、

朝ごはん。

syuhakusiwasu 278

手作りのお豆腐。

体が、温まる。

syuhakusiwasu 288

お宿を出ると、

目の前に、

冬の諏訪湖。

syuhakusiwasu 298

湖の淵は、凍っていた。

わたし「さむっ。寒いよー」

何言ってるんですか、と

くまが振り向く。

くま「これから、

もっと寒い所に行きますよ」

わたし、無言。

syuhakusiwasu 300

くま「今回のメインは、

むしろ次のお宿です!」

わたし「…どこ」

syuhakusiwasu 302

くま、

笑顔、

全開。

くま「白・骨・温・泉!!」


スポンサーサイト



双泉の宿 朱白@信州 上諏訪温泉 その1~寒すぎて心が折れそうな件~

双泉の宿 朱白
01 /08 2014
syuhakusiwasu 282

双泉の宿 朱白

朱の泉(茶色のお湯)と、

白の泉(透明のお湯)、

二種類の源泉がある。

syuhakusiwasu 219

窓の外、

諏訪湖のイルミネーション。

くま「とりあえず、ご飯にしましょう」

湖に面した、食処“妙采庵”で、

早めの夕食を、頂く。

syuhakusiwasu 225

先付

あずみ野産葉わさび ずわい蟹

くま「一瞬、焼物が来たのかと」

わたし「うん、先付にしては、珍しいよね」

葉わさびと季節の野菜が、

蟹ベースのクリームで和えてあり、

ほのかな辛味。

小腹を満たす。

syuhakusiwasu 228

前菜

銀杏松風 味覚串 笑い栗 柿と湯葉の白和え

わたし「これ、“笑い栗”って言うんだ…」

和食は、

五感を存分に活用して、

味わうものだと、

つくづく思う。

syuhakusiwasu 234

お造り

信州サーモン 信濃雪鱒 あおり烏賊 あしらい一式

syuhakusiwasu 238

ラ・フランス100%のジュース。

とろりとして、

濃厚で、美味。

syuhakusiwasu 244

焼物

国産和牛アスパラ巻き 蟹袱紗焼

薄黄緑の、

花の様な野菜。

最近よく見かけるのだが、

名前が、わからない。

syuhakusiwasu 222

鍋物

信州産きのこの和風ブイヤベース鍋

海鮮の出汁が効いていて、

コクがあり、

濃厚。

趣向が目新しいと、

嬉しくなる。

syuhakusiwasu 248

蒸し物

茶碗蒸し 海老 ふかひれ風

syuhakusiwasu 250

揚物

公魚ライスペーパー巻き とろろ磯辺揚げ 青味 レモン 岩塩

わたし「とろろ磯辺揚げ…面白いね」

熱々を頂く。

くま「僕、ここ二回目で思ったんですけど」

わたし「ふむ」

くま「メニューが、居酒屋っぽいです」

わたし「ああ、成程」

良い意味で、

万人受けする献立かもしれない。

syuhakusiwasu 253

食事 

ちりめん山椒 椀物 赤だし 香物 三種盛

syuhakusiwasu 254

水菓子

プチケーキ 果物を添えて

syuhakusiwasu 275

朱白は、

受付も、食事処も、

スタッフの教育が行き届いている。

雰囲気も、

旅館と、ホテルを、

程よく折衷した感じ。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。