大出館@塩原温泉郷 湯元温泉 その3~お湯は生き物~

大出館 塩原温泉
02 /16 2014
大出館、と言えば、

墨の湯。

sumikisaragi 016

日本でただ一つ、

鉄分を多く含んだ、

赤茶色ではなく、

黒い、

お湯。

sumikisaragi 135

右が、墨の湯。

左が、鹿の湯。

基本は混浴。

女性専用の、

時間帯に、パチリ。

sumikisaragi 139

墨の湯。

透明度は、

五cm程。

小さな、黒い湯の花が、

こまかく浮かんでいる。

sumikisaragi 163

洗面器に、

汲みだしてみる。

水色はおそらく、透明。

黒い湯の花が、

お湯全体を黒く、

見せている様な。

“タオルが真っ黒に染まる”

と聞いていたが、

うーむ。

sumikisaragi 137

鹿の湯も、

この日は白濁というより、

錆色。

かなり熱い。

sumikisaragi 175

貸切風呂が開いていたので、

タイミングよく、

入る。

sumikisaragi 102

こちらは、

改装したばかり。

sumikisaragi 093

わたし「墨の湯、あんまり黒くなかったよ」

くま「僕もです」

わたし「お湯に浸かると、体は見えなくなるけど」

くま「えっ」

曰く、くまが入った時間帯は、

かなり、透明度が高かったらしい。

くま「震災後に、少し泉質が変わったとも、

聞くんですよね…」

お湯は、生き物。

sumikisaragi 099

ともあれ、

硫黄、ナトリウム、塩素を

多く含んだ炭酸泉は、

とても良いお湯。

何度でも、

くまは、

いそいそと、

浸かりにゆく。

sumikisaragi 177

朝ごはん。

お部屋で頂く。

くま「このまま、

スノーシューに行きますよ」

凍える寒さに、

ふたり、

重装備。
スポンサーサイト



大出館@塩原温泉郷 元湯温泉 その2~何故週末に限って雪が酷いのかしら~

大出館 塩原温泉
02 /15 2014
夕食は、

お部屋で頂く。

sumikisaragi 130

全てのお料理が、

お膳で、

一度に運ばれてくる。

くま「あ、こういう形なんですね」

わたし「殿様セットだね」

高足膳、

というらしい。

当然というか、

お品書きは、無い。

sumikisaragi 108

お刺身。

sumikisaragi 126

大根のひき肉餡かけ。

sumikisaragi 124

もずくと、じゅんさい。

とろろとイクラのせ。

かなりの量だが、

酢の物好きのくま、

もぐもぐと平らげる。

sumikisaragi 111

烏賊としめじ、水菜。

マヨネーズには、とんぶりとかにカマ?

不思議な組み合わせだが、

美味。

sumikisaragi 118

このお魚、

冷たかった…。

sumikisaragi 120

牛肉、舞茸、しいたけ、水菜。

量が程よく、

ポン酢でさらりと頂く。

sumikisaragi 112

デザートは、

パイナップル。

なぜかパセリ。

sumikisaragi 134

お吸い物、ご飯、香の物。

ご飯は、柔らかめ。

客層に、

合わせているのかもしれない。

全体的に、

可もなく不可もなくと言った所。

くま曰く、

くま「おばあちゃんの家に、

来たみたいです…」

言いえて妙。

大出館@塩原温泉郷 元湯温泉 その1~バレンタイン寒波到来~

大出館 塩原温泉
02 /14 2014
レインボーブリッジが、

通行止めになった、

大雪の日。

sumikisaragi 181

塩原温泉郷 元湯温泉

大出館。

くま「ここ、ボロボロなんですよ」

わたし「古いって事?」

くま「それもあるんですけど」

sumikisaragi 182

くま「温泉の成分が強すぎて、

壁とかタイルとか、すぐ腐食するし」

わたし「ふーん」

くま「電気製品なんかは、

一年で駄目になるそうです」

わたし「えっ」

不経済すぎる。

sumikisaragi 007

sumikisaragi 009

電話機のレトロ感に、

衝撃。

何やら、

北温泉を、

彷彿とさせる。

テルマエ・ロマエな北温泉

sumikisaragi 015

お宿は、

元湯温泉の中でも、

高台にある為、

一段と、雪深い。

sumikisaragi 017

sumikisaragi 061

内湯。

お湯は、熱め。

sumikisaragi 053

鈍色のお湯は、

掛け流し。

硫黄に混じって、

微かに、

鉄のような匂い。

sumikisaragi 019

露天風呂。

sumikisaragi 065

“五色のお湯”を謳うだけあり、

天候によって、

湯色は様々に変わる、らしい。

sumikisaragi 089

sumikisaragi 083

この日のお湯は、

抹茶ミルク色。

ややぬるめで、

お湯が、

やわらかい。

sumikisaragi 033

気温は、

マイナス5℃。

生き物の気配は無く、

雪は、

しんしんと、

降り積もる。


kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。