草津湯菜の宿 杓凪華 その4

草津湯菜の宿 杓凪華
05 /02 2014
sanrenbirthday 358

お天気極上。

sanrenbirthday 359

朝ごはん。

信州味噌のお味噌汁と、

コシヒカリ。

りんごのコンポート、

美味!

sanrenbirthday 361

豆乳鍋 野菜いろいろ

sanrenbirthday 362

青い卵。

朝から、ぼけぼけと頂く。

くま「うわっ」

わたし「どうしたの?」

sanrenbirthday 364

くま「黄身が二個入ってました…」

まさかのダブルスコア。

くま、無言。

くま「何か、ちょっと」

わたし「…わかった、半分こしよう」

くま、神妙に頷く。

sanrenbirthday 411

お散歩して、

電車に乗って、

旅は、続く。

sanrenbirthday 603

わたしは、

ぼけぼけとついていくだけ。

スポンサーサイト



草津湯菜の宿 杓凪華 その3~前日の鯉ショックが強すぎて~

草津湯菜の宿 杓凪華
05 /01 2014
sanrenbirthday 340

お夕飯は、『緑湧庭』で頂く。

sanrenbirthday 335

始まりは八寸と造りの盛り合わせ

sanrenbirthday 337

筍に、梅風味のタレ。

筍は、一旬(10日間)で竹に成長するから、

竹冠に旬と書く、

と聞いた記憶がある。

真偽の程は、定かでない。

sanrenbirthday 339

sanrenbirthday 336

お造り 群馬最高級ニジマス「銀光」と下仁田蒟蒻

sanrenbirthday 334

本日の一品 胡麻豆腐

sanrenbirthday 345

くま、大盃 豊潤辛口を注文。

わたし「“すっきりした飲み口、喉越し爽やかな辛口”だって」

くま「昔からある、ちゃんとした造りのお酒です」

今風の味ではないですけどね、

と、くまのコメント。

sanrenbirthday 348

温物 羽二重蒸し

わたし「“羽二重団子”って、あったなぁ」

もちもちして、美味しいんだよ。

くま「僕、知りません」

わたし「多分、ツヤツヤでふかふかって事」

(※羽二重 = 肌触りが良く、艶のある絹織物)

sanrenbirthday 349

強肴 豚の角煮

sanrenbirthday 347

お鍋 豚トロと上州和牛つみれ鍋 本日のお野菜

〆はうどん。

sanrenbirthday 351

群馬泉 山廃酛純米酒

くま「ザ・酒って感じです」

わたし「えーと、“コクと旨みが調和、豊潤な味わい”」

くま「山廃独特の香りと旨み、美味しいです」

うーむ、わからん。

sanrenbirthday 352

ご飯 味噌汁 香の物

sanrenbirthday 355

デザート

もち米と餡子のケーキ風。

ちょっと重い。

sanrenbirthday 327

二人とも、

前日の鯉料理が衝撃的で、

実は、あんまり覚えていない。

草津湯菜の宿 杓凪華 その2 ~今日は花冷え~

草津湯菜の宿 杓凪華
04 /30 2014
つつじの花を、丸く纏めたみたいなのが、

石楠花(しゃくなげ)。

sanrenbirthday 236

お宿の当て字は、

なかなか、

興味深い。

sanrenbirthday 251

お部屋は、八畳+広縁。

全室についている、

マッサージチェア。

今回、初めて真剣に向き合ってみた。

痛かった。

sanrenbirthday 239

オフシーズンは、

時間により、

お部屋の札を掛ける事で、

貸切風呂にできる。

sanrenbirthday 286

sanrenbirthday 367

真柄(まえ)の湯。

御汲(おく)の湯と、作りは同じ。

sanrenbirthday 375

sanrenbirthday 377

お湯は、源泉掛け流し。

やや熱め。

とろりとしていて、

酸度が高い。

sanrenbirthday 371

お天気が良くて、

とても静か。

少しだけ雪の残る、

三月の、

昼下がり。

草津 湯菜の宿 杓凪華 その1~春眠ほんとに暁を覚えず、惰眠を貪る~

草津湯菜の宿 杓凪華
04 /29 2014
ご機嫌なお天気。

湯畑から、てくてくてく。

sanrenbirthday 232

草津湯菜の宿 杓凪華(しゃくなげ)

sanrenbirthday 234

わたし「あ、保養所っぽいね」

くま「当たりです。那須の芽瑠鼓(めるこ)と同系列ですよ」

前回は那須の芽瑠鼓だった

わたし「へー」

くま、着実に“湯菜の宿”を制覇しつつある。

この辺りの情熱、

何か前世の因縁でもあるのか。

sanrenbirthday 241

“こじんまりした宿”のコンセプト通り、

全9室。

sanrenbirthday 290

ロビーは吹き抜けになっており、

sanrenbirthday 383

三日月の船みたいな、

大きなハンモック。

sanrenbirthday 244

ごろり。

天井が、高い。

sanrenbirthday 299

二階からの眺め。

しゃくなげは、草津町の花。

sanrenbirthday 297

ライブラリー。

sanrenbirthday 287

セルフバー。

sanrenbirthday 240

湯菜の宿は、

のんびりする要素がたくさん。

スタッフは必要以上に、

お部屋に入らず。

お布団も、自分達で敷く。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。