アンジン・星野リゾート@伊東温泉4

伊東温泉 アンジン
10 /17 2012
ito伊東アンジン 067

お食事のお部屋へ。

ito伊東アンジン 059

朝ごはん。

鯵が大きくて、とても美味しい。

ito伊東アンジン 060

土佐醤油の器。

シルエットが美しい。

ito伊東アンジン 063

食後、コーヒーや紅茶をいただけるお部屋もあったが、

ito伊東アンジン 066

腹ごなしに館内をお散歩。

ito伊東アンジン 079

ito伊東アンジン 081

ライブラリー。

お洒落率高し。

ito伊東アンジン 080

庭に面した離れ。

くま「僕、離れの方が落ち着くかも」

むむ。

窓から見る、海の開放感も捨てがたい。

ito伊東アンジン 076

くま「鯉の餌があります」

わたし「鯉に餌あげる!あげる!」

ito伊東アンジン 071

餌に向かって、鯉まっしぐら。

画面中央、やや左下にご注目。

ito伊東アンジン 072

これ。

ito伊東アンジン 074

本物。

いかなる状況にも、全く動じず。

水面を凝視する、何やら哲学的な鳥。

くま「餌、ぶつけてみようか?」

やめてください。



スポンサーサイト



アンジン・星野リゾート@伊東温泉3~ウイリアム・アダムズから三浦按針へ~

伊東温泉 アンジン
10 /16 2012
のんびりと朝を迎える。

ito伊東アンジン 040

朝ごはんもかなり遅くしていただいたので、

ぼんやりと外を眺めながら、煎茶をいれ、備え付けの蒸篭でお饅頭をふかしてもぐもぐ。

ito伊東アンジン 039

ito伊東アンジン 048

宿の名前の由来となった三浦按針、もとい、

英国人ウイリアム・アダムズ。

日本に漂着した後、家康に重用され、異国人でありながら帯刀を許されるも、

その後二代目秀忠に疎まれ、失意の内に亡くなっている。

ito伊東アンジン 070

数奇な運命を経て、

故郷を遠く離れた異国で没した、漂泊の人。

按針には、水先案内人の意味があるそうだが、

彼自身を故郷へといざなってくれる人は、ついぞ現れなかったのだろうか。

とりとめもなく、考える。

ito伊東アンジン 046

お部屋は広くて、なんというか、合理的。

ito伊東アンジン 010

お花や掛け軸はないが、

お茶や、蒸篭や、ローションパックがさりげなく置いてある。

朝風呂から戻ったくまが、

「内湯は良かったけど、露天風呂は塩素の匂いがした。。」

とご不満。

(注:あくまでもくま個人の感想です)

ごそごそと何やら始める。

わたし「内風呂?溜めるの?」

くま「うん」

わたし「また入るの?」

くま「うん。内風呂は源泉なの♪」

どこまで温泉に愛を注ぐのか。

アンジン・星野リゾート@伊東温泉2~ホテルと日本旅館の狭間

伊東温泉 アンジン
10 /15 2012
ito伊東アンジン 062

夕食は半個室でいただく。

ito伊東アンジン 057

ito伊東アンジン 014

八寸を食べながら、

わたし「お風呂、誰もいなかったよ」

くま「僕も。ここに泊まる人は、温泉好きの人とは、ちょっと違うと思います」

曰く、星野リゾートは、温泉に特化した旧態依然の旅館とは異なる、らしい。

くま「星野リゾートの功名は」

わたし「ふむ」

くま「温泉に興味がなかった人達を、取り込んだ事ですね」

わたし「ほほう」

くま「ただ、物凄い勢いで買収を続けているので、そこが心配ですね」

温泉を愛するくまの心配は尽きない。

ito伊東アンジン 019

土瓶蒸し。

銀杏に秋を感じる。

ito伊東アンジン 022

ito伊東アンジン 024

お造りと蓋物。

茄子と鶏そぼろの蒸し物に、トマト味噌。

鶏そぼろというよりも、テリーヌの食感に近い。

しかしなぜトマト味噌なのか。

ito伊東アンジン 025

ふたりの間で物議をかもした、台の物。

金目鯛とニューサマーオレンジの、柑香蒸し。

この二つを敢えて一緒にする感覚が、是か否かで云々。

結論は、

否。

食に関しては、わりと保守的なふたり。

このあと、白飯と止め椀、香の物と続く。

ito伊東アンジン 028

デザートは五つの中から選択でき、わたしは水菓子を選ぶ。

ito伊東アンジン 030

くまは栗あんみつりんご風味。

餡子が入ってないのを物凄く嘆いていた。

全体的にスタッフの対応がとても良く、お茶なども器ごとこまめに取り替えてくれた。

遅めのチェックイン、夕食に対応できて、

チェックアウトは翌日昼の12時。

この辺りが、いわゆる日本旅館にはできないサービス。

新しい形態として定着するかどうか、興味深い。

アンジン・星野リゾート@伊東温泉1

伊東温泉 アンジン
10 /14 2012
ちょいと体調を崩しておりました。

仕事あがりに、アンジン@伊東温泉へ。

ito伊東アンジン 004

ロビー。

「こういう雰囲気のお宿、久しぶりでしょ」

確かに。

日本情緒的旅館を好むくまにしては、珍しい選択。

ito伊東アンジン 006

お迎えのゆず茶を頂いて、一息つく。

わたし「お友達がここに泊まって、とても褒めていたよ」

くま「ほほう」

わたし「お部屋に露天風呂がついてるんでしょ?」

くま「…それは高い部屋です。ハードルを上げないでください」

ごめんなさい。

ito伊東アンジン 034

ito伊東アンジン 009

お部屋は寝室と、居間(12.5畳)、籐椅子と茶卓が置かれた小部屋に分かれていた。

ito伊東アンジン 012

ほうじ茶を頂いて、とりあえず温泉へ。

源泉かけながしの、弱アルカリ性。

無色無臭で、湯あたりもやわらかい。

ようやく一息ついて、夕食に向かう。

ito伊東アンジン 033

写真をとりますよ、と声を掛けると、途端にぎこちなくなるくま。

ito伊東アンジン 031

ポージングのセンスは、あまりない。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。