早雲閣ふたたび・その1@強羅温泉

強羅温泉 早雲閣
11 /30 2012
早雲閣2箱根201211 038

雲行きがあやしくなるも。

早雲閣2箱根201211 060

再び早雲閣へ。

早雲閣2箱根201211 065

ロビーからの眺め。

ちなみに、夏の盛りはこちら↓


七月


早雲閣2箱根201211 039

まずは、抹茶をいただく。

早雲閣2箱根201211 057

人込みから逃れて、ようやく一息。

花のしつらえに、秋を感じる。

bannsouko箱根201211 043

早雲閣2箱根201211 042

お部屋に通されてすぐに、

くま「強羅花扇さんのお風呂にいきましょう」

同じ系列のお宿、

強羅花扇さんへ、借り湯にいく。

エレベーターで二分ほど。

早雲閣2箱根201211 040

こちらは全室露天風呂付き。

ロビーからして、あきらかに宿のつくりが違う。

先にお風呂からでたくまは、わたしを待つ間に

昆布茶でもてなされ、大変恐縮。

早雲閣2箱根201211 041

いつか泊まってみたいものです。。

早雲閣2箱根201211 062

もちろん、湯餅も購入済み。

箱根湯本での、

わたしのささやかな楽しみ。



スポンサーサイト



天成園その2@箱根湯本~あひるとお庭と~

未分類
11 /28 2012
ito箱根201211 006

お昼は平均的なバイキング。

コーン茶がとても香ばしくて、湯上りの身体にしみわたる。

天ぷらはその場で揚げていた。

ito箱根201211 021

ちょっとしたお庭があるので、そのままお散歩。

ito箱根201211 018

ito箱根201211 029

坂を上ると、

ito箱根201211 023

玉簾神社。

水の守り神と、縁結びの神様。

箱根神社唯一の分社だそうだが、中には入れない。

ito箱根201211 030

玉簾の滝。

この辺りはとても静かなのだが。

水音にまじって、

激しく自己主張する鳴き声が。

ito箱根201211 017

はいはい。

お麩の方が良いですねー。

ito箱根201211 028

あひるはどうして、(あんな鳴き声なのに)

こんなにも愛らしいのか。

ito箱根201211 026

くま「あ、鯉が来ちゃいました」

わたし「うん、そうだね」

鯉だって、

ちょっぴり

ご相伴にあずかりたい。

天成園@箱根湯本~日帰りか宿泊か、それが問題だ~

未分類
11 /27 2012
ito箱根201211 001

秋も深まり。

一抹の不安を抱えつつも、再び早雲閣へ。

くま「だって、くまは行ってないですから!」

そうですね。

くまとの旅行を、強引に友人に振り替えたのは、わたしです。

http://kumakumaonsen.blog.fc2.com/blog-date-201208.html

またお食事時にハラハラするのかしら、と思っていたら、

くま「お昼とお風呂が先ですよ」

わたし「…お昼ごはん、と」

くま「お風呂」

一日に複数の温泉を巡る事に、違和感はぬぐえない。

ito箱根201211 035

箱根湯本にある、天成園。

老舗旅館だったが、万葉倶楽部系列に買収され、

およそ二年の歳月をかけてリニューアルされる。

ito箱根201211 033

入り口をくぐると、

ito箱根201211 014

ito箱根201211 012

広い。

年中無休、23時間営業の大型宿泊施設らしく、

チェックアウトの客でごったがえしていた。

ito箱根201211 011

館内は全て素足で移動する。

あまりにも広すぎて、やや落ち着かない。

くま「スーパー銭湯みたいでしょ」

わたし「うん」

くま「ここ、200室位あるの」

わたし「にひゃく…」

くま「泊まれないよね…」

二人して、若干遠い目になる。

われわれは、気持ち的にもう老境に達しているゆえ、

地味でこじんまりとした場所で、まったりしたいらしい。

ito箱根201211 005

浴衣とタオルを借りて、大浴場へ向かう。

天空大露天風呂

と謳うだけあり、開放感のある屋上温泉。

弱アルカリ性、源泉掛け流しの石風呂は、ややぬるめ。

紅葉が始まっており、のんびりとつかる。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。