ホテルニューグランド@横浜・山下公園その2

横浜 ホテルニューグランド
01 /18 2013
s-grand 061

翌朝。

海を臨む大きな窓から、氷川丸を眺めつつ。

s-grand 060

ル・ノルマンディにて、遅めの朝食。

名前入りのプレートや、ぴかぴかの銀食器に、

ホテルの歴史を感じる。

s-grand 073

くまはお仕事へ行くので、

チェックアウト後、ひとりでお散歩する事に。

s-grand 080

小春日和の山下公園。

s-grand 075

ジブリの「コクリコ坂から」で、主人公のふたりが歩いていたのもこの辺り。

五十年ほど前の横浜が舞台のようだったが、

桜木町や、山手とおぼしき場所に緑が多くて、

くまが驚いていた。

s-grand 081

水鳥ぷかりぷかり。

s-grand 076

音楽を聞きつつ、

ベンチでぼけぼけしている間に、

日本最大の客船、飛鳥Ⅱが入港。

s-grand 084

しばらくして、にっぽん丸も入港。

二隻同時に目にするのは、珍しい。

s-grand 085

s-grand 083

この辺りは、どこを切り取っても絵になる。

s-grand 091

横浜発祥のもの。

ガス灯、ジャズ、ホテル、レストラン、アイスクリン…。

思い出しつつ、のんびりと歩いてゆく。

s-grand 092

こんにちは、クイーン。

s-grand 087

キング。

ジャックには会えませんでした。

s-grand 088

s-grand 096

赤レンガ倉庫。

お気に入りだった紅茶の店が無くなっており、

s-grand 094

目に付いたポストカードを買って、

家路に着く。


スポンサーサイト



ホテルニューグランド@横浜・山下公園

横浜 ホテルニューグランド
01 /16 2013
Frm くま

sb お疲れ様

仕事終わったら 帰りの途中で良いので 電話くださいな

s-grand 069

わたし『もしもし?』

くま『お疲れさま。くま忘れちゃって…』

わたし『鍵?』

くま『おでかけ』

s-grand 070

わたし『いつ?』

くま『今日ですよ』

わたし『はいっ!?』

s-grand 054

そんなわけで、ホテルニューグランド。

横浜の昭和の幕開け、といわれた

歴史あるクラシックホテル。

s-grand 071

くまが温泉をこよなく愛しているように、

わたしは、ホテルで過ごす静かな時間が好き。

重厚な扉の向こうは、

喧騒とは無縁の世界だ。

注意深く見守られつつ、

無関心でいてくれる、

ホテル独特の思いやりと、もてなしが嬉しい。

s-grand 053

夕ご飯は近くの中華街で、

飲茶と点心を、おなかいっぱい食べる。

お会計の長すぎるレシートに、

二人して笑う。



箱根強羅温泉@~気を取り直して~

水族館
01 /12 2013
s-grand 046

泳ぐ魚は、空を飛ぶ船に似ている。

s-grand 043

箱根園水族館。

s-grand 019

s-grand 018

s-grand 014

海月が漂うのを見ているのは、

とても好き。

s-grand 042

手作り感溢れる館内の、

素朴なアピールに誘われて、

s-grand 037

がんばるアザラシを見に行く。

六頭がショーに出ていたのだが、

s-grand 027

主にビリーと呼ばれる1頭が、

芸達者に孤軍奮闘しており、

s-grand 032

s-grand 033

他の子はわりとフリーダム。

ひたすらお兄さんに魚をねだる。

s-grand 036

s-grand 040

ビリー、似合いすぎ。



※今回のお宿に関する記事は、削除させて頂きました。

私の感想があまりにもネガティブだから!




kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。