伊豆 畑毛温泉@大仙家 その3~世界遺産になりたい~

畑毛温泉 大仙家
03 /24 2013
SAKURAsakura 037

朝ごはん。

ごはんと、おかゆが選べる。

SAKURAsakura 039

わたし「うさぎー」

くま「眠そうですね」

わたし「うめぼしが、もう一個あれば」

たぶん目を覚ます。

くま「持ってきますか?」

わたし「…いらないです」

SAKURAsakura 047

すばらしいお天気。

チェックアウト後、近くの河津桜を見に行く。

SAKURAsakura 052

青、瑠璃、コバルト。

すいこまれそうなあおいろ。

SAKURAsakura 055

てくてく。

SAKURAsakura 056

SAKURAsakura 063

SAKURAsakura 062

いちめんのなのはな いちめんのなのはな。

SAKURAsakura 057

わたし「わ」

くま「桜はおしまいですね…」

SAKURAsakura 070

SAKURAsakura 076

SAKURAsakura 071

通りがかった韮山反射炉。

SAKURAsakura 067

100円払って、中に…入らず。

くまが何やら呟いているので、

耳を傾けてみた。

くま「せ、世界遺産?世界遺産って」

熱心に写真をとっている。

大砲などを作っていた施設らしい。

SAKURAsakura 069

強気の志。

健闘を祈る。

スポンサーサイト



伊豆 畑毛温泉@大仙家・その2 はるるるる

畑毛温泉 大仙家
03 /23 2013
SAKURAsakura 065

「大仙家」は、HMIというホテルグループの系列。

SAKURAsakura 040

SAKURAsakura 041

雰囲気は、ホテルと旅館の間の絶妙なバランスを保っている。

建物内の仕上げや装飾、家具などはそれほど凝っていないのだが、

天井の高さや、照明、敷地の庭のつくりが、

程よい落ち着きを生み出している。

SAKURAsakura 046

くま「建物のデザイナーが優秀ですね」

わたし「うん、お金のかけ所をよくわかってる感じ」

SAKURAsakura 042

陶芸を楽しめる工房も、敷地内にある。

SAKURAsakura 003

今回は洋室。

SAKURAsakura 043

お部屋からの眺め。

二百年以上前から、湯治場として親しまれた畑毛温泉。

「大仙人家」には、

40度前後の浴槽の他に、

湯温が30度~35度の「ぬる湯」と「冷湯」がある。

長湯向けに、お風呂で読める本が用意されていると聞き、

いそいそと書棚へ向かう。

SAKURAsakura 049

『阿Q正伝』

え、これお風呂で読んで寛げる話じゃないよね。

『杜子春』

うん、嫌いじゃないけど。

『こころ』

…重い、重いよ。

消去法で、『時代劇特集』を選ぶ。

しょっぱなから、

『巌流島の決闘』

血煙。

決闘。

小次郎哀れ。

(………)

SAKURAsakura 044

無言で書を置き、普通の露天風呂に入りなおす。

アルカリ性単純温泉。

お肌がとにかくつるつる。


伊豆 畑毛温泉@大仙家・その1 さくらさくらさくら

畑毛温泉 大仙家
03 /20 2013
金曜日の夜、お仕事を終えて一路伊豆へ。

SAKURAsakura 034

畑毛温泉って、字面がすごいよね、

そこに『毛』は必要なのか。

などと言いながら、

大仙家ロビー到着。

しんとして、明るい。

天井が高く、開放感にほっとする。

SAKURAsakura 004

すぐにレストランに通され、遅めの夕食。

春の花籠懐石。

梅酒にほっとしつつ、

桜透かしの和紙を取ると、

SAKURAsakura 006

先付け うぐいす豆腐 花弁百合根 天城山椒

前菜 季節の五種盛り

さくらさくらさくら。

SAKURAsakura 014

御椀 桜道明寺 蒸しうに入り

さくらさくらさくら。

花屋さんでいただいた、

祝い飯に似ている。

花屋 祝い飯

SAKURAsakura 016

造り 地魚盛り合わせ

桜の花びらを模した大根。

さくらさくらさくら。

日本料理の季節感にうふふとなる。

SAKURAsakura 013

敷紙や色のとりあわせに春を感じられて、

眺めているだけでうっとり。

SAKURAsakura 008

台の物 牛肉の陶板焼

SAKURAsakura 021

焼物 鰆若草焼

さかなへんに春、と書いて鰆。

SAKURAsakura 026

追肴 自家製さつま揚げと野菜の天ぷら 抹茶塩

さくらさくらさくら。

SAKURAsakura 027

桜海老ご飯

くま「これ、お好み焼きの海老ですね」

そうとも言う。

SAKURAsakura 030

羹 相鴨香蒸し 

SAKURAsakura 032

香の物 水菓子

とたいらげて、おなかいっぱい。

よくみたら、桜道明寺や桜おはぎやら、

米率高し。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。