九州 大黒屋@筋湯温泉 その1~カルメン的三角関係~

筋湯温泉 大黒屋
06 /30 2013
黄昏時の、

成田空港。

kumamoto220130625kumamoto2 008

くま「関東圏に、あまり行きたい所が無くて」

kumamoto220130625kumamoto2 010

kumamoto220130625kumamoto2 011

くま「今回も、九州なんです」

わたし「……大丈夫ですか」

くま「何がですか!」

kumamoto220130625kumamoto2 006

これは、あれか。

ミカエラという恋人がありながら、

カルメン(魔性の女・九州)にぞっこんになり、

道を踏み外す、

ドン・ホセのパターンか。

kumamoto220130625kumamoto2 001

ジェットスター航空。

kumamoto220130625kumamoto2 014

kumamoto220130625kumamoto2 013

雨脚が強く、

30分遅れの出航。

kumamoto220130625kumamoto2 020

地上がどんなに荒れていても、

kumamoto220130625kumamoto2 019

空の上は、

雲の御殿。


スポンサーサイト



御宿 泉水@九重湯坪温泉郷 その2~怒涛の17品撮り忘れあり~

湯坪温泉 御宿 泉水
06 /16 2013
kumamotokumamoto 306

はたして、

九州のおもてなしは、

品数が必須なのだろうか。

夕飯は、18時指定。

満席だそうで、かなり慌しい。

kumamotokumamoto 286

ますのお刺身

食前酒

季節の一口飯

前菜三品

ちなみに、一口飯はうっすらと紫色。

くま「綺麗ですね、何でしょう」

わたし「紫蘇かな?」

女将が一言。

「ブルーベリーです」

ふたり、驚愕。

kumamotokumamoto 288

酢の物 山のものてんぷら

kumamotokumamoto 294

わたし「これ」

くま「何ですか」

わたし「朝顔の葉に似てる」

くま、ニヤリと笑う。

kumamotokumamoto 300

彩りどうふ

kumamotokumamoto 291

焼肉

kumamotokumamoto 292

ますの汁物

kumamotokumamoto 293

山芋の蒸し物

茶碗蒸しの様でいて、

しっかりと山芋。

かなりお腹にたまる。

kumamotokumamoto 297

山女魚塩焼き

kumamotokumamoto 298

里芋鶏そぼろあんかけ

芋率高し。

kumamotokumamoto 295

豚の角煮

この辺りでかなり苦しい。

kumamotokumamoto 296

椀物

kumamotokumamoto 301

御飯 香の物

kumamotokumamoto 302

葛。

何故か出てきた。

味が無い。

くま、一口食べて箸を置く。

kumamotokumamoto 299

福餅

揚げたお餅を、

出汁で頂く。

美味。

kumamotokumamoto 303

抹茶

kumamotokumamoto 309

地元の人達が多く、

和気藹々とした雰囲気。

好みの分かれる所。

kumamotokumamoto 308

朝ごはん。

飛行機の関係で、

ぱぱぱっと完食。

向かいの蔵で、珈琲のサービスもあるのだが、

断念。


九州の旅、おしまい!


御宿 泉水@九重 湯坪温泉郷 その1

湯坪温泉 御宿 泉水
06 /15 2013
kumamotokumamoto 284

御宿 泉水。

母屋のお食事処とは別に、

道路を挟んで、客室は全て別棟。

kumamotokumamoto 276

長屋作りの玄関。

なんか生えてる。

kumamotokumamoto 272

窓の向こうに、露天風呂。

kumamotokumamoto 274

源泉掛け流しのお湯は、

かなり熱め。

kumamotokumamoto 282

共同浴場。

全部で五つあり、

鍵をかけて、

好きな時間に貸切できる。

kumamotokumamoto 278

kumamotokumamoto 280

kumamotokumamoto 281

湯坪温泉は、

民宿がひっそりと寄り添っているような、

小さな温泉地。

聞き慣れない、

地元の言葉が飛び交う。

くま「ここは、殆どがリピーターみたいです」

宣伝も、ほぼしていないとの事。

納得。

山荘 天水@天ヶ瀬温泉 その2~泊りじゃないよ、立ち寄りだよ~

天ヶ瀬温泉 山荘 天水
06 /13 2013
kumamotokumamoto 244

満腹後、まずは露天風呂へ。

kumamotokumamoto 238

滝観庵。

外来入浴者も入れる、露天風呂。

kumamotokumamoto 242

お湯は無色だが、微かに硫黄の匂いがする。

わたしの他に、誰もいない。

ぼんやりしている耳元に、

静寂を縫って、滝の音。

kumamotokumamoto 239

桜滝。

小さな札に、

『砕け散ること花の如く 

 流下すること簾の如し』

と、控えめに書かれていた。

kumamotokumamoto 266

五つある貸切風呂の一つ、

きり湯。

やや熱めのお湯。

kumamotokumamoto 245

天水は、

主だった特徴には欠けるが、

スタッフの対応、お宿の雰囲気、お料理に至るまで、

全てが行き届いていて、

こうありたい、という一貫した姿勢を感じた。

これから時間を重ねて、

他は及ばない、独特の空気を、

纏う様になるかもしれない。



山荘 天水@天ヶ瀬温泉 その1

天ヶ瀬温泉 山荘 天水
06 /11 2013
kumamotokumamoto 270

山荘 天水。

kumamotokumamoto 269

岩をあしらった玄関門。

kumamotokumamoto 235

鬱蒼とした広大な敷地を、しばらく歩く。

わたし「広いね」

くま「たしか一万坪です」

わたし「わー」

隠れ住みたい。

くま「ここは、二年かけて庭を造ってから、建物を建てたそうです」

何とも豪快な話。

kumamotokumamoto 236

kumamotokumamoto 237

昼会席。

お品書きが無かったので、ややうろ覚え。

kumamotokumamoto 249

八寸。

艶やかさに、驚愕。

くま「ちょっと雰囲気が違いますね」

わたし「今までとね」

kumamotokumamoto 250

何というか、

洗練されている。

kumamotokumamoto 254

椀物

ふわりとした海老しんじょと、冬瓜。

部屋の明かりが映りこんで、

何やらロマンチック。

kumamotokumamoto 255

お造り

器を眺めているだけで、

うっとり。

kumamotokumamoto 256

ローストビーフと揚げ牛蒡

ドレッシングは、

グレービーソースと、玉葱をベースにした二種類。

kumamotokumamoto 257

穴子 餅米

kumamotokumamoto 258

焼物

kumamotokumamoto 259

海老 烏賊 ホタテ

烏賊のわたをベースにした

出汁につけて頂く。

くま「これは、お酒が欲しくなりますね」

kumamotokumamoto 260

トマト鍋。

温かいトマトは初めてだが、

さっぱりとして、食べやすい。

kumamotokumamoto 261

御飯 留め椀 香の物

kumamotokumamoto 263

水菓子

グレープフルーツのジュレ

kumamotokumamoto 264

窓の外は、強烈な日差し。

黒に縁取られた、

鮮やかな緑。


華坊@七滝温泉 その3~ほんの少し、でも確かに違う~

上黒川 七滝温泉@華坊
06 /09 2013
kumamotokumamoto 199

夜明け。

kumamotokumamoto 201

渓流沿いを歩いてみる。

kumamotokumamoto 200

九州は、

大地から受ける印象が、違う。

感覚的なものかもしれないし、

実際的なものかもしれない。

伊豆へ行って、植物に違和感を覚えるのと同じ感覚で、

九州では、大地そのものの理が、

本州とは大きく違っている印象を受けた。

kumamotokumamoto 222

朝ごはん。

kumamotokumamoto 220

バランスよく、

丁寧につくられたものを、

朝からいただける、幸せ。

kumamotokumamoto 216

貸切の家族風呂。

全部で四つあり、窓から渓流が見える。

kumamotokumamoto 214

露天風呂。

お風呂は全て、かけ流し。

ナトリウム塩化物泉。

ほのかな濁りと、わずかなとろみ。

熱めのお湯で、芯から温まる。

チェックアウト後、

車を走らせる。

くま「面白い滝があるんです」

kumamotokumamoto 224

鍋ヶ滝。

裏見の滝、といって

滝の裏側に周る事ができる。

CMなどにも使われたらしい。

kumamotokumamoto 228

内部は、かなり侵食されており、

ちょっとした洞窟。

kumamotokumamoto 227

kumamotokumamoto 226

数多の雫が、

水面を叩く。

日の光を浴びて輝く、

水の向こう側の、

特別な緑。


華坊@七滝温泉 その2~九州のおもてなしは品数たくさん~

上黒川 七滝温泉@華坊
06 /06 2013
お料理は全て、

食事処の個室で頂く。

くま「九州のお宿は、食事の品数が多いんです」

とは聞いていたが。

自家製の梅酒から始まり、

kumamotokumamoto 171

先付 季節の和え物

kumamotokumamoto 172

向付 野菜盛り

kumamotokumamoto 164

前菜 山菜の盛り合わせ

kumamotokumamoto 174

お造り 清流のお魚

kumamotokumamoto 165

酒菜 馬刺し、地鶏のたたき

くま、鶏の美味しさに感激。

わたしは、どちらかといえば、

火を通したお肉が好み。

kumamotokumamoto 168

鍋物 肥後牛陶板焼き

kumamotokumamoto 179

お吸物 四季の香りすまし汁

kumamotokumamoto 178

温物 七滝粥

温泉で炊いているのかもしれない。

kumamotokumamoto 186

蒸物 茶碗蒸し

銀杏やかまぼこ、鶏肉も隠れていて、

ボリュームがある。

kumamotokumamoto 176

焼物 川魚の塩焼き

新鮮で、身が柔らかい。

お魚好きの、くま絶賛。

kumamotokumamoto 185

揚物 山菜天麩羅

抹茶塩で頂く。

kumamotokumamoto 182

ご飯 玄米御飯 

止椀 赤出し汁

kumamotokumamoto 180

香の物

kumamotokumamoto 187

デザート パンナコッタ チーズケーキ

珈琲

お料理はどれも、優しい味付け。

ひとつひとつ、丁寧に作られている印象を受けた。

量が多くても、すんなりと食べられる。

華坊@七滝温泉 その1~地味に戦いが待っていた~

上黒川 七滝温泉@華坊
06 /04 2013
kumamotokumamoto 198

お宿 華坊。

kumamotokumamoto 207

5,000坪の敷地の中に、離れのお部屋が10室。

kumamotokumamoto 223

こじんまりとした受付。

kumamotokumamoto 208

ひたすら階段を下り、

今回のお部屋、

川沿いの「かわせみの宿」に向かう。

kumamotokumamoto 204

「かわせみの宿」外観。

kumamotokumamoto 158

室内は非常に広く、

清潔感もあるのだが、

川沿いのせいか、湿気が気になる。

窓を開けると、

くま「わー開けない方が良いですこれ」

虫がたくさん。

くま「しかも大きいです」

仕方なく、窓を閉め切り

備え付けの除湿機を最大で稼動。

kumamotokumamoto 157

寝室も、やはり湿気が気になり、

エアコンの除湿を最大で稼動。

お手洗いの芳香剤の香りも強く、

滞在中は、常に文明の利器に頼っていた。

kumamotokumamoto 189

一息つく。

kumamotokumamoto 160

部屋付きの露天風呂。

わたし「わー」

くま「虫がー」

まずは、地味にタモで虫を掬う。

kumamotokumamoto 194

アルカリ性単純温泉の、

うっすらとした濁り湯。

川のせせらぎの他は、

何も聞こえず。

山間の、人里離れたお宿。

という表現がぴったり。

とうとう九州@湯布院 天井桟敷

九州名所
06 /02 2013
kumamotokumamoto 116

湯布院の雰囲気は、

軽井沢とよく似ている。

軽井沢 万平ホテル

続きを読む

とうとう九州@別府 上人が浜温泉~うにパスタis風味絶佳~

上人ヶ浜温泉 潮騒の宿 晴海
06 /01 2013
猛暑を避け、

潮騒の宿 晴海のBAN-YAで昼食。

くま「ランチをすると、お風呂にも入れるんです」

ほほう。

kumamotokumamoto 096

まずは蒸し野菜。

甘めのお味噌でいただく。

kumamotokumamoto 097

うにクリームパスタセット。

結論から言う。

今まで食べたクリームパスタの中で、

一番美味。

kumamotokumamoto 099

コクがあるのに、後味が軽い。

素材だけの味。

わたし「…美味しい」

海老に至っては、丸ごと食べられる。

くま「ああ、ホテルで食べた中華のソフトシェルが遠ざかる…」

甲殻類的な何か

確かに。

kumamotokumamoto 101

お風呂は源泉かけ流し。

水平線を眺めながら、

湯に浸かる。

お湯は無色透明、

やや塩分を含んでいたが、

さらりとしている。

kumamotokumamoto 106

kumamotokumamoto 102

ホテルの内装はリゾート風。

kumamotokumamoto 111

再び車を走らせる。

kumamotokumamoto 112

由布岳。

kumamotokumamoto 115

なんとものどかな風景に、

遠くへ来たのだ、

と実感する。


kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。