高砂屋@小野川温泉 その3~美人さんと一緒~

小野川温泉 高砂屋
09 /16 2013
貸切風呂へ。

gyakuchujakuchu 025

gyakuchujakuchu 024

ほほう。

gyakuchujakuchu 026

いた。

小野川温泉は、

小野小町が旅の途中、病にたおれ、

この地の温泉で病を癒した、

という伝説がある。

gyakuchujakuchu 034

くま「ここのお湯は、バランスが良いんですよ」

わたし「バランス?」

硫黄、ラジウム、塩泉と満遍なく含まれており、

成分に偏りが少ない。

くま「ゆっくり、浸かれるでしょ?」

確かに。

長く浸かっていても、

身体に負担が少ない気がする。

gyakuchujakuchu 027

くま「小野小町の顔が、気になります」

わたし「ん?」

くま「なかなかグラマラスです」

わたし「うーん」

gyakuchujakuchu 032

秘すれば花、と言うけれど。

何となく、九州の狸を思い出す。

狸の衝撃

くま、いそいそと見にゆく。

くま「グラマーな美人…うわっ」

gyakuchujakuchu 030

くま「麻呂です!!」

わたし「…平安美人だよ」

くま「グラマーな麻呂なんて、ひどい…」

ひどいのは、

どちらなのか。


スポンサーサイト



高砂屋@小野川温泉 その2~米沢牛の衝撃~

小野川温泉 高砂屋
09 /15 2013
夕食は、お部屋で頂ける。

くま「安いプランですから、

ご飯は少なめかも」

わたし「お風呂でもう、大満足だよー」

gyakuchujakuchu 012

おひたし

ぬめりのある、シャキシャキしたお野菜。

薄味で、美味。

gyakuchujakuchu 013

お造り

gyakuchujakuchu 011

ゆり根団子のあんかけ

お野菜が綺麗。

gyakuchujakuchu 019

米沢牛入り芋煮鍋

gyakuchujakuchu 017

米沢牛ステーキ

二人、絶賛。

食べてから、写真を撮る事を思い出す始末。

飛騨牛は脂が溶ける様だったが、

飛騨牛のステーキ

米沢牛は、肉の旨味が加わり、

脂が華を添える感じ。

くま「さすが、松坂牛に次ぐNo.2…」

わたし「もう、米沢牛が一番でいいと思う」

gyakuchujakuchu 023

鮭ホイル包み焼き

竹の子と、底にぜんまいのあしらい。

gyakuchujakuchu 021

くまも色々お酒を頂く。

gyakuchujakuchu 018

お吸物

つるりとした麺が入っている。

この後、お浸し、香の物と続く。

ぴかぴかのお米と、茄子のお漬物。

日本人の幸せ。

gyakuchujakuchu 056

素朴だけれど、

きちんと一線ひいた、

プロのおもてなしの食事。

ご馳走様でした!

高砂屋@小野川温泉 その1~山形おしょうしな~

小野川温泉 高砂屋
09 /14 2013
仕事あがり、

新幹線に飛び乗って、

山形へ。

gyakuchujakuchu 063

米沢は雨。

gyakuchujakuchu 058

高砂屋。

gyakuchujakuchu 053

gyakuchujakuchu 061

10室ほどの小さなお宿。

創業は江戸時代以前、という

大らかさ。

gyakuchujakuchu 001

お部屋。

gyakuchujakuchu 010

まずは冷えた身体を温めに、

お風呂へ。

gyakuchujakuchu 009

gyakuchujakuchu 044

真ん中はアクリル板で仕切られているが、

湯の底は繋がっており、

奥はやや熱めのお湯。

この辺りでは珍しいラジウム温泉。

微かな硫黄の香りと、

僅かに白濁したお湯。

天井も高く、

とにかく気持ちいい。

gyakuchujakuchu 047

露天風呂も、

こじんまりとして、

良い感じ。



平湯の湯@平温泉 その2~旅先イチゴイチエ~

平湯温泉 平湯の湯
09 /06 2013
hida20130820 257

篠原無然記念館

hida20130820 291

合掌造りの屋根裏は広い。

織機、糸車、桶など、

様々な農具が置かれていた。

hida20130820 279

お風呂上り。

冷たいラムネ、しゅわしゅわ。

冷えたビール、ごくごく!

hida20130820 304

くまは電話中。

hida20130820 285

ぼんやりしていたら、

知らない言葉で、ご挨拶される。

わたしはスペイン語がわからないし、

相手は日本語がおぼつかない。

結果、

片言の英語と、

片言の日本語が飛び交う。

hida20130820 305

異国の人の、青いTシャツ。

白い筆文字で、

“今が旬”

“脂がのってます”

わたし、ちょっと笑う。

『そのシャツ、すっごくcoolですね』

『友達がくれました』

『貴方はどこから?』

『僕はスペイン』

『わたしは横浜です』

『ああ僕は、みなとみらいに行きましたよ。

高い建物ばかりで、驚いた。

でも、古い建物もあったりして、

日本は全部が面白いね』

hida20130820 284

『僕は山に登りました。

日本人は、どうして山を拝むの?』

少し悩んで、

丁寧に言葉を選ぶ。

『山は恵みをくれるから。

温泉や、食べ物や、生活に必要なもの。

だから山に感謝して、

山に神様を祀る。

山の神は、女性なの』

どれほど伝わったかは、

わからない。

hida20130820 306

拙いやりとりは、

不思議な情熱をこめて続いた。

異国の人が苦手なくまが、

恐る恐る呼びに来る。

くま「細君、そろそろ時間ですよ」

わたし「はーい」

『もう行かなくちゃ。

さよなら、良い旅を!』

『さよなら、ありがとう』

hida20130820 288

さよなら。

この先、

お会いする事は、

きっと無いけれど、

どうぞお元気で。


平湯の湯@平湯温泉 その1~お湯の色イロトリドリ~

平湯温泉 平湯の湯
09 /04 2013
観光客で賑わう、

ひらゆの森近く。

ひっそりと佇む、

平湯の湯。

hida20130820 260

hida20130820 277

湯小屋から感じられる、

しみじみとした味わい。

湧き出るお湯の音に、

耳をすます。

hida20130820 270

空気に鉄の匂いが混じる、

炭酸水素塩泉。

掛け流しのお湯は、

とても熱い。

hida20130820 275

hida20130820 266

緑がかったお湯が、

端にゆくにつれて、

黄味を帯びてゆく。

hida20130820 274

湯の淵石は、

鉄分で赤く変色していた。

穂高荘 山がの湯@奥飛騨 

奥飛騨温泉 穂高荘 山がの湯
09 /02 2013
hida20130820 244

穂高荘 山がの湯。

hida20130820 242

全56室、250名収容の、

大型旅館。

hida20130820 208

本館のお部屋。

hida20130820 228

何はともあれ、

まずは大浴場へ。

hida20130820 234

hida20130820 232

かけ流しのお湯は、

塩化物泉。

白濁しており、

炭酸ガスが溶け込んでいるらしい。

山登りでくたくたの身体に、

熱めのお湯が、

心地よい。

hida20130820 237

ちなみに、

別料金の貸切風呂。

hida20130820 236

雰囲気からして違う。

くま「東館と浴室棟は、リニューアルしてます」

わたし「むー…」

くま「贅沢言わないの」

ほら、ご飯食べに行きますよ、

と、くまが言う。

hida20130820 209

夕食は、

足を伸ばして、

地元のお店に。

hida20130820 210

飛騨牛ホルモンのお店、

奈賀勢。

hida20130820 213

煮干ベースのらーめんは、

素朴で、懐かしい味。

hida20130820 216

テッチャン。

食べ慣れないわたしは、

恐る恐る箸をつける。

美味!

hida20130820 218

濃い目の味噌と、

キャベツがよくあう。

わたし「飛騨牛のホルモンだから、美味しいの?」

くま「うーん」

しばし考え込み。

くま「多分、新鮮だから」

と一刀両断。

hida20130820 221

帰り道。

気になる温泉”はんたい玉子”

くま「…白身と黄身が、反対になってる?」

それは、物理的に可能なのか。

どうやら、

白身が半熟、

黄身が固ゆで、らしい。

子供達が食べていたので、

見せてもらう。

hida20130820 222

看板にやや、

偽りあり。

乗鞍岳 その2~山登りブログみたい、とくまが言う~

乗鞍岳
09 /01 2013
大黒岳にも登ってみた。

hida20130820 175

わたし「ちょ、これ…」

くま「誰も登っていませんね…」

とりあえず、

鈴の代わりに、

歌いながら歩く。

hida20130820 176

尾根の向こうに延々と

道が続く。

殺風景な石ころの間に、

小さな彩。

hida20130820 166

イワギキョウ(岩桔梗)

hida20130820 162

イワツメグサ(岩爪草)

hida20130820 159

トウヤクリンドウ(投薬竜胆)

別嬪さん、という印象。

hida20130820 157

ミヤマキンバイ(深山金梅)

バラ科。

一重のバラに似ている。

hida20130820 149

コマクサ(駒草)

名前の由来は、

花が馬の顔に似ているから。

見つめていると、

逆に、

馬の顔の形が分からなくなる。

hida20130820 150

標高2771m。

風が強く、

日が翳ると一気に冷え込む。

hida20130820 183

風の冷たさと、

突き抜ける空の、

青の、高さ。

夏が過ぎてゆく。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。