眺望の宿 しおり@観海寺温泉 ~ランチと温泉はセットで楽しむ~

観海寺温泉 眺望の宿 しおり
11 /30 2013
眺望の宿 しおり。

kumamonkyusyu 598

くま「晴海のBAN-YAと迷ったんですけど」

再訪するか迷った 絶品うにパスタ

わたし「ここも、ランチすると、温泉がついてくるの?」

くま「そうです」

わたし「贅沢だなぁ」

くま「温泉はどんどん湧いてますし、

この辺りでは、普通の感覚でしょう」

九州ならではの、

贅沢。

kumamonkyusyu 585

落ち着いた雰囲気の、

ラウンジ。

kumamonkyusyu 576

一階のレストランで、

ランチを頂く。

kumamonkyusyu 584

窓の外は、和風庭園。

足湯もある。

奥に見えるのは、

グローバルタワーという展望台。

天気が良ければ、

四国まで望める、らしい。

kumamonkyusyu 575

“食は常薬”

と書かれている。

暖かいほうじ茶と、

冷たい梅酢。

kumamonkyusyu 577

kumamonkyusyu 588

くまは、焼き魚と煮〆を注文。

kumamonkyusyu 590

わたしは、白身魚と豆腐の揚げだし。

黄色い小鉢、

お刺身を漬け込んだ一品。

わたし「これ、美味しい」

くま「“りゅうきゅう”です。大分の郷土料理ですよ」

わたし「りゅー、きゅー」

くま「もともとは、魚の切れ端なんかを余さず食べる為の、

漁師料理だと思いますけど」

ほほう。

お刺身を生姜、みりん、醤油で和えて、

卵の黄身が絡めてある。

めかぶと、スライスした玉ねぎが、

食感を軽くして、

美味。

kumamonkyusyu 596

デザートのプリンは、

ほっとする甘さ。

kumamonkyusyu 578

最上階の、露天風呂。

別府湾を一望。

掛け流しのお湯は、

98度。

空気にさらされ、

適温まで調整される。

お湯に、ややとろみがあり、

お肌がつるつる。

のんびりと浸かり、

南の国に、お暇を告げる。

くま「あ、それ」

わたし「買っちゃった」

kumamonkuma 006

九州の、思い出ひとつ。

デジカメ入れ。

スポンサーサイト



わたしなりの九州賛歌 ~由布岳によせて~

わたしのひとりごと
11 /25 2013
空港に向けて、

車を走らせる。

kumamonkyusyu 570

くまの温泉好きが高じて、

初めて九州を訪れたのは、

五月。

九州 ザ・ファースト・インパクト

続きを読む

静寂な森お宿 山しのぶ その6~季節はとうに冬だけれど~

小田温泉 山しのぶ
11 /23 2013
kumamonkyusyu 558

朝。

木漏れ日が、美しい。

kumamonkyusyu 390

川蝉の湯。

kumamonkyusyu 392

岩風呂。

うっすらと青白い、

やや熱めのお湯に、ざぶりと浸かる。

kumamonkyusyu 517

朝ごはん。

kumamonkyusyu 527

しょっぱい系の、

ごはんのお供が多く、

しろいご飯を、旺盛に頂く。

ご機嫌に、

美味しいごはんが食べられるのは、

しあわせな、人生だと思う。

kumamonkyusyu 553

くま「お天気が良いので、ちょっと散歩しましょう」

わたし「うん、腹ごなしに丁度いいね」

くま「この辺りは、良い旅館、いっぱいあるんです」

む。

そうゆう事ですか。

kumamonkyusyu 529

お宿の入り口にある、

足湯。

kumamonkyusyu 545

kumamonkyusyu 537

季節は秋。

一年で一番、

豪奢な季節。

kumamonkyusyu 535

どんぐり。

くま「いっぱい落ちてますね。山栗も」

わたし「リス、食べ放題だね」

kumamonkyusyu 546

くま「“はなむら”さん、こっちが“彩の庄”さん…」

くまは何やら、独り言。

kumamonkyusyu 531

塀の向こうは、

四千坪の敷地を誇る、

お宿なのだとか。

うっとりするくまを横目に、

空が高いな、

と思い、ふと足元に目をやる。

kumamonkyusyu 530

ゆらゆらと、

コスモス。

わたし「…何だっけ、ええと」

コスモスの 

花あそびおる 

虚空かな


静寂な森の宿 山しのぶ@小田温泉その5~お風呂三昧~

小田温泉 山しのぶ
11 /17 2013
kumamonkyusyu 346

貸切風呂は、

三つ。

kumamonkyusyu 474

啄木鳥の湯。

一番の、

お気に入り。

kumamonkyusyu 320

光と風が、

たくさん。

kumamonkyusyu 330

kumamonkyusyu 478

掛け流しのお湯は、

メタケイ酸を、

多く含んでおり、

肌がつるつる。

kumamonkyusyu 331

窓の外、鹿威し。

くま「風流ですね」

わたし「早く鳴らないかな~」

kumamonkyusyu 502

カ…コン!

わたし「え」

カ…コン!

くま「…煩いですね」

音。

近い。

静寂のお宿 山しのぶ@小田温泉その4~美味夕食ばんざーい~

小田温泉 山しのぶ
11 /16 2013
夕食。

お品書きを無くしてしまい、

うろ覚え。

kumamonkyusyu 397

お造り

色とりどり。

kumamonkyusyu 406

手作りの果実酒。

酸味の強いドレッシングと、

サーモン。

湯葉の梅和え?

kumamonkyusyu 408

わたし「この黄色いの、

甘くて美味しい」

くま「求肥ですかね」

なにやらもちもちしていた。

kumamonkyusyu 407

大ぶりのしめじは、

濃厚なチーズで。

豆がアクセント。

kumamonkyusyu 413

お食事が美味しいので、

珍しく、

梅酒もいただく。

kumamonkyusyu 410

お凌ぎ

さっぱりとした中に、

繊細に素材の味が混じりあう。

美味!

kumamonkyusyu 419

お吸物

お椀の蓋を取ると、

ふわりと、

松茸の香りがたつ。

くま「今年は、松茸の当たり年です」

わたし「豊作なの?」

くま「どこに行っても、聞きますよ」

kumamonkyusyu 421

向付

馬刺し 湯葉 さしみ蒟蒻 ふたえご?

わたし「馬刺し、慣れてきた…」

くま「こちら(九州)に来ると、

必ず出てきますし」

わたし「そうだね」

kumamonkyusyu 431

蒸物

kumamonkyusyu 446

火物

kumamonkyusyu 441

焼物

kumamonkyusyu 430

炊き合わせ

優しい野菜の味に、

生麩の彩り。

kumamonkyusyu 452

しのぎ

草太郎庵蕎麦

くせがなく、

つるりと食べられる。

kumamonkyusyu 456

ご飯 止め椀 香の物

kumamonkyusyu 457

水菓子

くま「さすがに…」

わたし「お腹いっぱいだね」

まんぷくまんぞく!

静寂な森の宿 山しのぶ@小田温泉 その3~のんびりゆったり~

小田温泉 山しのぶ
11 /15 2013
kumamonkyusyu 305

静寂な森の宿

山しのぶ

kumamonkyusyu 383

1500坪の敷地。

長いアプローチを抜けると、

kumamonkyusyu 385

木々の間、

閑静な佇まい。

kumamonkyusyu 312

kumamonkyusyu 308

お昼を禪墅で頂いた、

と伝えると、

お宿の方、恐縮。

「お茶請けが同じお萩で、

申し訳ございません…」

いえいえ、大歓迎です。

kumamonkyusyu 357

とりあえず、

内風呂へ。

kumamonkyusyu 510

内風呂。

kumamonkyusyu 514

露天風呂。

自家源泉のお湯は、

無色透明。

旅の疲れを、

のんびりとほぐす。

kumamonkyusyu 359

kumamonkyusyu 377

日の光が、

柔らかく差し込む、

静かな昼下がり。

kumamonkyusyu 492

夕暮れ前の、

穏やかなひととき。


静寂な森の宿 山しのぶ@小田温泉 その2 禪墅(ぜんや)

小田温泉 山しのぶ
11 /11 2013
『田舎料理ですが』

謙遜して出された、

kumamonkyusyu 260

目に鮮やかな御膳。

殆どが、お野菜。

注文を受けてから、

野菜を採り、

調理してくれる。

kumamonkyusyu 256

色とりどりの、

器。

kumamonkyusyu 266

マヨネーズで和えた生野菜に、

ごぼうの素揚げサラダ。

棒鱈の煮物。

豆の甘煮。

野菜の浅漬け。

kumamonkyusyu 264

お米を粗く潰した

お餅。

kumamonkyusyu 261

刺身こんにゃく。

よもぎと、

にんじん。

kumamonkyusyu 262

たっぷりと出汁を含んだ、

煮物。

kumamonkyusyu 271

栗の甘露煮と、

野菜のてんぷら。

蓬の葉は、

強い若草の香り。

kumamonkyusyu 276

手作りのお豆腐。

kumamonkyusyu 281

熊本の郷土料理、のっぺ汁と、

混ぜご飯、

香の物。

kumamonkyusyu 249

落ち着いた佇まいの中、

kumamonkyusyu 269

日本料理の美しさと、

艶やかさを、

目と、舌で堪能する。

わたし「ねぇ、これ本当に」

くま「ええ、このランチ、1,300円ですよ」

九州クオリティに、

驚愕。

静寂な森の宿 山しのぶ@小田温泉 その1 禪墅(ぜんや)

小田温泉 山しのぶ
11 /10 2013
くま「今日泊まる“山しのぶ”は、

姉妹店に“草太郎庵”と、

“禪墅(ぜんや)”を手がけてます」

わたし「そうなんだ」

kumamonkyusyu 302

くま「ここが、草太郎庵」

わたし「わ、風情のあるお蕎麦屋さんだね~」

くま「旅館ですよ」

お昼は蕎麦処としても、

利用できる。

kumamonkyusyu 245

坂道を、

てくてく。

kumamonkyusyu 299

懐石料理 禪墅(ぜんや)

kumamonkyusyu 255

kumamonkyusyu 248

築170年の古民家。

重ねられた年月と、

惜しみない人の手が、

建物に、

たゆみなく命を吹き込む。

kumamonkyusyu 254

暖かいお茶と、

手作りのお萩。

kumamonkyusyu 252

しんとした、

昼下がり。

九州 筋湯温泉@有名じゃない方の打たせ湯

筋湯温泉 岩ん湯
11 /09 2013
kumamonkyusyu 220

筋湯温泉、

岩ん湯。

kumamonkyusyu 233

kumamonkyusyu 235

日替わりで、

男湯か女湯になる。

kumamonkyusyu 228

お湯はさらりとしており、

無色。

やや熱め。

kumamonkyusyu 222

ささやかながら、

二筋の、

打たせ湯。

有名な方の打たせ湯

比べるべくも無いが、

こちらは、

静かで、

こじんまり。

ざぶりと浸かって、

kumamonkyusyu 244

くま「さあ、美味しいもの食べにいきますよ」

わたし「わー!」

大賛成。



九州 小松地獄 ~地獄もそんなに悪くない~

九州名所
11 /05 2013
朝。

王様的、

あさごはん。

kumamonkyusyu 117

くま「今日は地獄に行きましょう」

わたし「じごく」

くま「小松地獄」

kumamonkyusyu 218

地獄へ続く道。

kumamonkyusyu 181

てくてく。

kumamonkyusyu 186

小松地獄。

標高1,100m。

kumamonkyusyu 196

湯気に有毒な成分が含まれていない為、

吹き出す湯気と、

距離が近い。

kumamonkyusyu 187

わたし「うわ、ここ面白い!」

くま「そうですか」

くまの眼鏡も曇る。

わたし「湯気、近いね」

kumamonkyusyu 177

くま「お宿で、生卵貰いました」

わたし「わー」

kumamonkyusyu 176

そろりそろり。

kumamonkyusyu 178

ぽちゃり。

kumamonkyusyu 188

120℃の熱泥。

この辺りは、

地質学的に面白いのだと思う。

kumamonkyusyu 191

kumamonkyusyu 197

温泉卵を持って、

ぼけぼけと歩く。

知らない人に、

「良いですね、その卵はどこから?」

わたし「お宿の人に…い、頂きました」

てくてく歩く。

kumamonkyusyu 183

おばさまA「あら!」

わたし、逃げ腰。

おばさまB「あらあら温泉卵~」

おばさまA「良いわね~どこかで売ってるの?」

わたし「お宿で…」

kumamonkyusyu 206

kumamonkyusyu 201

すれ違うカップルの会話。

「あ、卵」「嘘!どこ!?」

「ホラあの人」「ほんとだ~」

わたし、

いたたまれずに、

走ってくまの元へ。

くま「細君、遅いですよ」

わたし「うう」

kumamonkyusyu 198

卵のせいです。

小松別荘@九重温泉郷 筋湯温泉その4~望みは色々あるけれど~

筋湯温泉 小松別荘
11 /01 2013
kumamonkyusyu 130

九州のお宿らしく、

貸切の家族風呂が、

四つ。

kumamonkyusyu 050

岩風呂。

kumamonkyusyu 025

石風呂。

それぞれ、

二つずつ。

kumamonkyusyu 040

お湯はすべて、

掛け流し。

やや青みがかって、

うっすらと、

白い。

kumamonkyusyu 030

美味しいものを食べる。

気が向いたら、

のんびりと、

お湯に浸かる。

欲しいものは、

たくさんなようでいて、

本当は、

少しだけ。


kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。