ゑびすや@白骨温泉 その2~11111のぞろ目を見逃しました~

ゑびすや@白骨温泉
01 /21 2014
honeebisusiwasu 596

内湯。

honeebisusiwasu 563

honeebisusiwasu 583

これは、

炭酸カルシウムが凝固したもの。

頭で理解する事と、

目で見て感じる事の、

不思議な、

距離感。

honeebisusiwasu 579

白い貝殻を、

一枚ずつ重ねて、

あおみどりの湯面に映える。

むしろ、

南の島にこそ、

相応しい様な。

honeebisusiwasu 557

外は雪。

honeebisusiwasu 591

露天風呂。

熱めのお湯が、

心地よい。

くま「一人ですかー」

わたし「その通りですー」

honeebisusiwasu 560

くま「この、コンクリートの打ちっぱなしが、

賛否両論みたいです」

わたし「そうなんだ」

くま「あまり、気になりませんね」

わたし「うん、塀が低くて、見晴らしも良いし」

honeebisusiwasu 556

雪景色が、

そのまま、

絵になる。

honeebisusiwasu 545

太陽は、

一日中眠たげ。

くまも、わたしも、

冬ごもり。

honeebisusiwasu 630

体に沁みる、

美味しい朝ごはん。

ゆっくり、

おうちに帰る。



スポンサーサイト



ゑびすや@白骨温泉 その1~暖かい部屋で、冷たい雪を眺める~

ゑびすや@白骨温泉
01 /18 2014
honeebisusiwasu 644

白骨温泉 ゑびすや

“白船グランドホテル”の姉妹館。

honeebisusiwasu 534

お部屋は、

10畳+広縁と、かなり広め。

一枚ガラスの窓が、

とても大きい。

honeebisusiwasu 541

部屋の明かりを消して、

雪を眺める。

とても、静か。

honeebisusiwasu 611

晩ごはん。

わたし「わー」

くま「意外ですね」

洋食よりの献立は、

珍しい。

honeebisusiwasu 603

刺身 

信州サーモンと鰤のスモーク

酸味の効いた、

ジュレで頂く。

honeebisusiwasu 609

先付

バーニャ・カウダ

くま「フォンデュ、じゃなかった」

わたし「お洒落料理、多いね」

アンチョビ、にんにく、オリーブオイルを混ぜた、

熱いソースに、

野菜をつけて頂く。

honeebisusiwasu 612

前菜 

牛タンのローストビーフ風 干し柿のクリームチーズ巻き

わたし「このクリームチーズ、柿の味がする」

くま「ほんとだ」

ローストビーフの旨みと、

コクのあるクリームチーズ。

美味。

honeebisusiwasu 614

大鍋 投汁そば

とうじそば、再び。

くまは、ちぢみほうれん草を発見して、

ちょっとご機嫌。

honeebisusiwasu 625

主菜

焼き鮭のベーコン巻きと舌平目のキャベツ巻き

honeebisusiwasu 615

豚の角煮

honeebisusiwasu 619

林檎グラタン

くり抜いた林檎に、

ほんのり甘めのソースと、

刻んだ林檎。

honeebisusiwasu 626

お食事

信州安曇野産コシヒカリ 味噌汁 漬物

honeebisusiwasu 640

デザート

抹茶ケーキ 蜜柑 洋梨

全体的にボリュームがあり、

くまと二人、

満腹。

honeebisusiwasu 610

余談だが、

くまがウキウキお酒を選んでいる時、

配膳のおばさまに、

「奥様、以前“グランドホテル”にいらっしゃいましたよね?」

と、話しかけられる。

はい、お世話になりました

おばさま「私、存じております」

挙動不審なわたしにめげず、

おばさま、笑顔でフェードアウト。

ちゃんと、

お話できなくて、

ごめんなさい。


白船荘新宅旅館@白骨温泉 ~ここ、ドライヤーが無いんです~

白船荘新宅旅館
01 /15 2014
honehonesiwasu 372

朝ごはん。

白米か、お粥を選べる。

くま「今日は立ち寄り湯をして、

次のお宿に行きますよ」

honehonesiwasu 398

くまは、

本当に、

温泉が好き。

honehonesiwasu 512

honehonesiwasu 509

てくてく。

honehonesiwasu 407

粉雪、ふわふわ。

指先、じんじん。

降って来る雪を、

口を開けて待つ。

くま「シロップ、シロップさえあれば」

わたし「極上のかき氷、食べ放題だね」

honehonesiwasu 440

白船荘 新宅旅館

honetatiyorisiwasu 455

内湯。

honetatiyorisiwasu 493

露天風呂。

honetatiyorisiwasu 464

honetatiyorisiwasu 470

湯気にあてられて、

樹上の雪が、

音も無く、

落ちてくる。

honehonesiwasu 500

太陽は、

ぼんやりと、

朧。

泡の湯@白骨温泉 その3~温泉粥コロッケ再び~

泡の湯 白骨温泉
01 /13 2014
泡の湯は、浴場内撮影禁止。

(以下、何となくイメージでお察し下さい)

honehonesiwasu 322

内湯は、あつ湯とぬる湯。

大仙家を、思い出す。

反復浴は、けっこうたいへん

ぬる湯は、炭酸泉。

透明なお湯につかると、

体中に、

細かい泡がつく。

honehonesiwasu 365

身じろぎする度、

泡がはじけるのは、

なんとも不思議な気分。

が、

体温と、ほぼ同じ湯温。

やはり、寒い。

honehonesiwasu 374

あつ湯に浸かって、

ようやく、

一息つく。

honehonesiwasu 364

夕食は、

暖簾のかかった、

半個室で頂く。

honehonesiwasu 329

突出し 細雪豆腐 いくら

honehonesiwasu 332

食前酒

チーズフォンデュー ブロッコリー 南瓜 蟹爪 パン

わたし「オサレだ~」

くま「珍しいですね」

わたし、嬉々として頂く。

わたし「チーズ…お酒がすごい入ってる…」

くま「え、フォンデュには白ワイン入ってますよ」

知らなかった。

honehonesiwasu 335

蒸し物 みぞれ蒸し 蟹

honehonesiwasu 340

造り スズキ 平政 信州サーモン 妻一式

honehonesiwasu 347

煮物 長芋白煮 穴子道明寺蒸し 粟麩 青身 ゆず

honehonesiwasu 348

焼物 黒毛和牛 野菜色々

honehonesiwasu 352

揚物 温泉粥コロッケ 蓮根 レモン

わたし「これ、白船グランドホテルで…」

くま、遠い目をする。

くま「火傷しそうに熱かったやつですね」

もったり温泉粥コロッケ

恐る恐る、一口。

わたし「あ、美味しい」

刻んだ大葉と、

ほのかな塩味。

honehonesiwasu 353

女将のきまぐれ小鉢

honehonesiwasu 355

強肴 岩魚塩焼き はじかみ

この辺りで、

かなりお腹いっぱい。

honehonesiwasu 359

食事 一人とうじそば 大根 人参 蒟蒻 鶏肉 長葱

香の物

くま「“投じそば”、最近よく見かけますね。

信州の名物にしていく計画なのかな…」

わたし「へー」

蕎麦を、

籠で湯がいて、頂く。

最初は、面白いのだが、

そのうち、普通に食べ始める。

honehonesiwasu 361

水菓子 季節のフルーツ

くま「漬物かと」

わたし「抹茶ゼリーと、メロンだよ」

平和に、

夜は更けてゆく。


泡の湯@白骨温泉 その2~イメージと現実と、思い込みと~

泡の湯 白骨温泉
01 /11 2014
honehonesiwasu 397

泡の湯の浴場内は、

撮影禁止。

(※以下、なんとなくイメージでお察し下さい)

honehonesiwasu 379

混浴の露天風呂は、

入口のみ、男女別。

バスタオルを巻いて入れる。

honehonesiwasu 377

気温は氷点下。

お湯が、ぬるい。

わたし「…さ、寒い」

くま「そうですか?」

わたし「これ、ずっと浸かってたら、

体、あったまるの?」

くま「たぶん、なりません」

驚愕。

honehonesiwasu 385

くま「ここ、夏…は虫がでるし、

丁度良いのは、

“春”か、“紅葉の少し前”ですね」

honehonesiwasu 380

紅葉の時期は、

既に、寒すぎるのだという。

honehonesiwasu 391

あまりの寒さに、

内湯へ、避難する。



泡の湯@白骨温泉 その1~しろゆきしろゆきしろ~

泡の湯 白骨温泉
01 /10 2014
honehonesiwasu 426

白骨温泉。

600年以上の歴史がある、

山峡の、温泉地。

honehonesiwasu 422

お昼すぎ。

この日の明け方は、

-20℃。

honehonesiwasu 423

honehonesiwasu 438

てくてく。

honehonesiwasu 415

泡の湯。

屋号は、

炭酸泉に由来する。

honehonesiwasu 379

入り口から、

見下ろせる、

露天風呂。

honehonesiwasu 317

お部屋は広め。

honehonesiwasu 320

温かいお茶と、

手作りのあんず漬けで、

一息つく。


双泉の宿 朱白@信州上諏訪温泉 その2

双泉の宿 朱白
01 /09 2014
貸切風呂。

syuhakusiwasu 272

syuhakusiwasu 270

syuhakusiwasu 257

白の泉。

無色透明の、単純温泉。

syuhakusiwasu 269

お湯に癖がなく、

のんびりと浸かれる。

syuhakusiwasu 260

朱の泉。

土色を含んだ、緑色。

重炭酸土類泉。

こちらは、やや鉄っぽい。

syuhakusiwasu 262

外気はかなり冷え込んでいたが、

ナトリウムを多く含む為、

身体が、

芯から温まる。

syuhakusiwasu 274

館内の雰囲気や、

スタッフの質、

お料理など、

全体的によく纏まっており、

安心して、寛げる。

syuhakusiwasu 277

のんびりと、

朝ごはん。

syuhakusiwasu 278

手作りのお豆腐。

体が、温まる。

syuhakusiwasu 288

お宿を出ると、

目の前に、

冬の諏訪湖。

syuhakusiwasu 298

湖の淵は、凍っていた。

わたし「さむっ。寒いよー」

何言ってるんですか、と

くまが振り向く。

くま「これから、

もっと寒い所に行きますよ」

わたし、無言。

syuhakusiwasu 300

くま「今回のメインは、

むしろ次のお宿です!」

わたし「…どこ」

syuhakusiwasu 302

くま、

笑顔、

全開。

くま「白・骨・温・泉!!」


双泉の宿 朱白@信州 上諏訪温泉 その1~寒すぎて心が折れそうな件~

双泉の宿 朱白
01 /08 2014
syuhakusiwasu 282

双泉の宿 朱白

朱の泉(茶色のお湯)と、

白の泉(透明のお湯)、

二種類の源泉がある。

syuhakusiwasu 219

窓の外、

諏訪湖のイルミネーション。

くま「とりあえず、ご飯にしましょう」

湖に面した、食処“妙采庵”で、

早めの夕食を、頂く。

syuhakusiwasu 225

先付

あずみ野産葉わさび ずわい蟹

くま「一瞬、焼物が来たのかと」

わたし「うん、先付にしては、珍しいよね」

葉わさびと季節の野菜が、

蟹ベースのクリームで和えてあり、

ほのかな辛味。

小腹を満たす。

syuhakusiwasu 228

前菜

銀杏松風 味覚串 笑い栗 柿と湯葉の白和え

わたし「これ、“笑い栗”って言うんだ…」

和食は、

五感を存分に活用して、

味わうものだと、

つくづく思う。

syuhakusiwasu 234

お造り

信州サーモン 信濃雪鱒 あおり烏賊 あしらい一式

syuhakusiwasu 238

ラ・フランス100%のジュース。

とろりとして、

濃厚で、美味。

syuhakusiwasu 244

焼物

国産和牛アスパラ巻き 蟹袱紗焼

薄黄緑の、

花の様な野菜。

最近よく見かけるのだが、

名前が、わからない。

syuhakusiwasu 222

鍋物

信州産きのこの和風ブイヤベース鍋

海鮮の出汁が効いていて、

コクがあり、

濃厚。

趣向が目新しいと、

嬉しくなる。

syuhakusiwasu 248

蒸し物

茶碗蒸し 海老 ふかひれ風

syuhakusiwasu 250

揚物

公魚ライスペーパー巻き とろろ磯辺揚げ 青味 レモン 岩塩

わたし「とろろ磯辺揚げ…面白いね」

熱々を頂く。

くま「僕、ここ二回目で思ったんですけど」

わたし「ふむ」

くま「メニューが、居酒屋っぽいです」

わたし「ああ、成程」

良い意味で、

万人受けする献立かもしれない。

syuhakusiwasu 253

食事 

ちりめん山椒 椀物 赤だし 香物 三種盛

syuhakusiwasu 254

水菓子

プチケーキ 果物を添えて

syuhakusiwasu 275

朱白は、

受付も、食事処も、

スタッフの教育が行き届いている。

雰囲気も、

旅館と、ホテルを、

程よく折衷した感じ。

大鷹の湯@西那須温泉 その4~朝ごはん、撮り忘れ~

大鷹の湯 西那須温泉
01 /07 2014
美味しい朝ごはんの後、

いそいそと、

朝風呂へ。

ootakasiwasu 127

わたし「ここは?」

くま「露天風呂付の、客室ですよ」

わたし「ほほー」

横目に見つつ、

ootakasiwasu 170

貸切風呂へ。

ootakasiwasu 136

くま「広いですね…」

わたし「ここ、前は露天風呂だったって」

お話好きのおばさまが言ってたよ。

四方に壁を造り、

男湯と女湯を、

それぞれ、貸切風呂へと改造したらしい。

ootakasiwasu 132

換気が追いつかないのか、

湯気が、

たちこめている。

ootakasiwasu 165

入り口の扉も、

内側に、

水滴がびっしり。

くま「大丈夫でしょうか」

建物がすぐに駄目になってしまわないか、

心配らしい。

わたし「うーん、換気扇が回ってるけど」

くま「もっと、湯気が逃げる造りにすればいいのに」

わたし「湯屋みたいな?小屋根のついてる?」

くま、神妙にうなづく。

ootakasiwasu 168

浴槽は浅め。

加水せず、

源泉を適温にする為、

色々と工夫が必要なのかもしれない。

ootakasiwasu 159

朝日が差し込んで、

何やら神々しい。

ootakasiwasu 161

光の下、

飽きもせず、

お湯を楽しむ。

重曹泉なので、

お肌は、つるつる。

ootakasiwasu 218

夜、

Perfumeのコンサートへ。

プロジェクションマッピングに、

目と頭が、

チカチカする。

大鷹の湯@西那須温泉 その3~冬休みモードから抜け出せない~

大鷹の湯 西那須温泉
01 /06 2014
ootakasiwasu 175

露天風呂、

鷹見の湯。

ootakasiwasu 177

ootakasiwasu 181

40℃前後と、熱めの湯。

冷たい空気が、

心地よい。

ootakasiwasu 188

お湯は、

無色透明。

匂いも、殆ど無い。

ootakasiwasu 187

お話好きのおばさまが、

『ここは、屋根を取り払ったのよ』

と、

教えてくださる。

ootakasiwasu 184

乾いた空。

乾燥した、冬の空気。

ootakasiwasu 189

冬の空を、

眺めながら、

とろりとした、

お湯に浸かる。



大鷹の湯@西那須温泉 その2~お得プランなので、お食事もそれなりです~

大鷹の湯 西那須温泉
01 /05 2014
ootakasiwasu 088

夕食は、五鷹亭で頂く。

それぞれの個室に、

暖簾がかかっており、

居酒屋の様な雰囲気。

ootakasiwasu 089

前菜 

かにゼリー寄せ かぶら甘酢漬け モッツァレラチーズ味噌漬 あんきものムース

くま「白いの、チーズです」

わたし「ん、変わってるけど、美味しい」

味噌漬のチーズは、

くせになる味わい。

ootakasiwasu 094

刺身

鮪 ぶり ボタン海老

ootakasiwasu 098

焼物

ぶりレモンペッパー焼き スモークフレーバーソース

くま「うーん…これは…」

わたし「ダイ〇ーとかに売ってそう」

くま「ああ、お惣菜コーナー」

そんな筈ない。

ootakasiwasu 101

子持ち鮎の塩焼き

くま「季節物ですし」

と、追加注文。

柔らかく、頭から全て食べられる。

ootakasiwasu 108

煮物

海老芋 えびゆば新丈 れんこんもち ふかひれあん

ootakasiwasu 115

揚物

一口東寺巻き 椎茸 しし唐

ootakasiwasu 110

お食事

釜戸炊きご飯 香の物 あさり汁

おこげを乗せて頂いたのだが、

あまり焦げておらず、

残念。

ootakasiwasu 117

甘味

白ゴマぷりん

黄粉がとけて、

見た目がすごい事になっていた。

ootakasiwasu 091

ご飯を食べて、

お湯に浸かり、

泥のように、

眠る。


大鷹の湯@西那須温泉 その1~茄子と鷹で縁起も宜しいようで~

大鷹の湯 西那須温泉
01 /04 2014
ootakasiwasu 082

五つ星源泉の宿 大鷹の湯

ootakasiwasu 040

すっきりしたお部屋。

くま「狭いでしょ。もうすぐ改築するんです」

わたし「へー」

くま「料金が上がる前に、一度来たかったんです」

納得。

ootakasiwasu 047

くま「観音温泉(下田)、覚えてます?」

(注:ブログ開始前に来訪)

わたし「うん、あのトロトロのお湯でしょ。

建物の名前が、ちょっと変わってた」

くま「あそこみたいに、経営者自らが、

ユンボ操作して、ちょこちょこ改装するんです」

ootakasiwasu 212

まずはお風呂へ。

ootakasiwasu 199

大浴場。

ootakasiwasu 201

塩化物・炭酸水素塩温泉。

ootakasiwasu 206

お湯に浸かると、

まとわりつくような、

とろみ。

ootakasiwasu 209

素晴らしい、

お湯。

このトロトロ具合は、

記憶を辿っても、

三本の指に入る。

ootakasiwasu 035

看板犬、ムック。

ootakasiwasu 037

人懐こく、

すぐにお腹をみせる。

が、

構いたがる、くまと相性が悪い。

くま、

少し離れた場所から、涙目。

くま「あいつ、許さない…」

わたし、

ムックを撫でつつ、

笑う。

水上高原ホテル200 その2~春秋の優劣はともかく~

わたしのひとりごと
01 /02 2014
素晴らしいお天気。

minakamitantan 317

標高1,000m

白樺の原生林を、

お友達と、

お散歩。

続きを読む

水上温泉郷 上の原温泉@水上高原ホテル200 ~お友達再び~

水上高原ホテル200
01 /02 2014
minakamitantan 320

秋の終わりは、

冬の、始まり。

minakamitantan 354

水上高原ホテル200

今回は、

温泉とお友達とわたし。

前回のお話

minakamitantan 311

minakamitantan 369

200万坪の敷地、

客室数は220。

minakamitantan 374

スキー、ゴルフ場の他、

テニスコートや屋外プールもある、

大型複合施設。

minakamitantan 358

お部屋は至ってシンプル。

minakamitantan 360

別棟・露天風呂「”凛楽(りらく)”」

無色透明のお湯は、

アルカリ性単純温泉。

pH値が高く、とろりとして、

お肌がツルツル。

minakamitantan 371

お天気もよく、

温泉も素晴らしかったのだが、

トップシーズンと重なり、

バイキング会場が

騒がしい。

minakamitantan 366

大型宿泊施設の、

難しいところ。

栗と小布施と紅葉と ~年明け 光陰矢のごとし~

信州 小布施
01 /01 2014
バイキングで、朝ごはん。

tantantantan 258

くま「小布施へ寄って、帰りましょう」

小布施といえば、

おさるの電車は栗に乗っ取られてた

栗。

tantantantan 268

町並みは、

非常に洗練されており、

ザ・観光地、という感じ。

tantantantan 278

tantantantan 270

新旧の建物が、

混在しており、

tantantantan 276

tantantantan 281

若干平易な印象も受けた。

人の手に加えて、

時間が、

必要なのかもしれない。

tantantantan 260

福栗焼き。

栗餡の中に、

栗の実、丸ごと一個。

甘い。

tantantantan 284

焼き栗。

お店の方が、

「今年の栗は、大きいよ」

と言っていたが、

tantantantan 286

大きい。

焼きたての栗、

ホクホク。

くま「“じゃがいも”みたいです。甘くない」

わたし「焼き栗だもん」

くま「天津甘栗と、間違えてました」

小さい方が、甘いですね。

くま、もぐもぐ。

tantantantan 291

帰り道。

国道沿い、

見事な紅葉。

tantantantan 293

眼福。

くま「うーん、これはこれは」

わたし「これは、あれだね」

tantantantan 298

心のアルバムに、

しまっておきましょう。


kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。