スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上高地 中の湯温泉 その4~デジカメ、不死鳥のごとく復活~

中の湯温泉 上高地
07 /31 2014
松本tuyu 402

デジカメ、上高地に付いた途端、

息を吹き返す。

ミラクル!

松本tuyu 491

上高地散策は、

大正池ルートが人気。

くま「たまには、反対側のルートにしましょう」

わたし「初めて歩く道だね」

明神池まで、

てくてく。

松本tuyu 403

わたし「あれ、食べられそう」

くま「ほんとだ。食べられそうですね」

根拠は、

無い。

松本tuyu 413

わかくさいろ、ときわいろ、ふかみどり、かものはいろ。

美しい緑色の全て。

松本tuyu 417

松本tuyu 420

梓川に沿うように、

てくてく。

松本tuyu 423

やがて木立に入る。

松本tuyu 428

松本tuyu 427

この辺りの道は、

何故か白く、

礫に近い。

松本tuyu 439

くま「歩きましたね…」

明神橋の向こうに、

明神岳。

穂高神社奥宮の、

神域。

松本tuyu 453

歩きくたびれた二人に、

キジバト。

松本tuyu 452

とことこ。

松本tuyu 454

近い。

松本tuyu 432

松本tuyu 463

穂高神社奥宮。

北アルプスの、総鎮守。

中には入らず、

ひたすら歩く。

松本tuyu 464

松本tuyu 472

くま「あ」

わたし「猿だ」

松本tuyu 468

日差しに緑が映えて、

綺麗だね、と皆口々に言うけれど。

松本tuyu 484

木立が、

ゆっくりと呑み込まれていく。

湿原は、

少し怖い。

松本tuyu 487

ともあれ、

歩いて歩いて、

松本tuyu 488

上高地のお散歩は、

レンゲツツジの、

お見送り。

お天道様、ありがとう。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

遠霞さん、こんばんは。

> 中の湯温泉の夕食写真が少ないのは、デジカメのせい?

ずばり、デジカメのせいです(笑)本当にハラハラしました。
この世の終わり的な稼動音がして、二人でそっと食事に勤しみました…。
騙し騙し使って来たのですが、そろそろ限界みたいです。むむ。

> (略)デジカメが復活してホント良かったです。こうしてキレイな景色の写真をみることができましたから。

うう、優しいお言葉、ありがとうございます…。
二人とも、上高地の景色=心のアルバムコースかと思っていたので、
翌日デジカメ君が機嫌を直してくれた時は、小躍りレベルで喜びました。
気まぐれな女性に振り回される、冴えないモブみたいです…。

Re: No title

HAM1826さん、こんばんは。

> デジカメ復活して何よりでしたね^^

はい。空気を読んでくれるデジカメで、助かりました!
よく考えたら、六年位使っていました。
デジカメの寿命ってどの位なのでしょうか…謎です。

> 最近は明神まで団体の観光客も多数入って行かれるようですが、
(略)静かな独特の雰囲気が伝わってきますね。

梅雨時で、人は少なめでした。明神ルートが地味?なせいもあってか、
静かな静かな行程でした。

> 梓川が運んできた砂や礫、言われてみれば確かに白っぽい(笑)

そうなんです!わたしずっと気になっていました。
地質に詳しい方は分かるのでしょうけれど、火山のせいでしょうか…。
雨がふったら、あっというまに濁流になりそうだし、
樹木は根付きにくい様に思えるのですが、謎です。むむむ。
あと、いつも文章を誉めて下さって、ありがとうございます。えへへ。


No title

中の湯温泉の夕食写真が少ないのは、デジカメのせい?それとも、単にそんなに撮らなかったのでしょうか?
これだけ晴れた上高地なら最高の気分になれますね。そのときにデジカメが復活してホント良かったです。こうしてキレイな景色の写真をみることができましたから。

No title

デジカメ復活して何よりでしたね^^
河童橋からの穂高、梓川も天気が良くて、バッチリだし…。

最近は明神まで団体の観光客も多数入って行かれるようですが、
写真では、森と川が一体化したあのあたりの、静かな独特の
雰囲気が伝わってきますね。

梓川が運んできた砂や礫、言われてみれば確かに白っぽい(笑)
記事を見て、初めて気付きました。
緑を表す多彩な表現、素敵ですね。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。