スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州あずみ野 大町温泉郷 河昌その3~岩魚の破壊力~

大町温泉 あずみ野 河昌
04 /01 2015
0328nigatu 201

夕食は、個室で頂く。

お宿の方に、

『岩魚の刺身、お頭付きでよいでしょうか?』

と聞かれ、軽い気持ちで、了承する。
0328nigatu 200

先付

0328nigatu 222

酢の物

春のわかめ、美味。

0328nigatu 204

海老しんじょうと生麩のお吸物

柚子の香り、

ふわり。

0328nigatu 205

岩魚のお刺身

わたし「うわっ」

くま「どうしまし…うわー」

0328nigatu 210

怖い。

0328nigatu 211

わたし「口、パクパクしてるよ…」

くま「これは、想像以上に…」

インパクトがありますね、とくま。

お宿の方が、

念を押す意味が、今判明。

0328nigatu 217

口がパクパクして怖いので、

くまの方に向ける。

くま「細君、やめてくれませんか…」

わたし「無理。ぜったいに無理」

話し合いの、

余地は、

無い。

0328nigatu 209

岩魚のわたの石焼。

いろいろと、

複雑。

0328nigatu 220

豚の角煮

0328nigatu 214

ふろふき大根

0328nigatu 223

揚げ物。

岩魚、最終形態。

くま「さいくん、無理しなくても(笑)」

わたし、無言。

お頭は、くまが美味しく頂きました。

0328nigatu 226

お宿名物、おざんさ。

つなぎが、納豆の酵素と、卵。

わたし「何か、ほんのり納豆のヌル感がする」

くま「喉越しが良いですね」

0328nigatu 231

ご飯と止め椀

0328nigatu 216

窓の外は、雪。

平和に夜が、

更けてゆく。

0328nigatu 234

翌日、朝ごはん。

納豆があっさりしていた。

わたし「“おざんさ”で、酵素を使った後の納豆かな」

くま「なるほど」

0328nigatu 235

記憶あやふや編、

これにて終了。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。