スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州松本 美ヶ原温泉 寿喜本(すぎもと)その1~くま、憧れる~

美ヶ原温泉 すぎもと
08 /18 2015
parum1230 143

信州松本 美ヶ原温泉。

くま「ずっと、気になっていたお宿です」

ようやく泊まれます。

と、くま。


parum1230 145

旅館 寿喜本(すぎもと)。

全17室。

涼しげな、麻暖簾。

わたし「鯰と、瓢箪…?」

(この暖簾、Amazonで売ってました)

parum1230 227

フロント。

くま「五時から、蕎麦打ち見学があるそうです」

わたし「見学?」

くま「宿の主人が、打つそうです」

わたし「へー」

限定15食。

一枚1200円で、振舞われるらしい。

parum1230 225

ロビー。

parum1230 147

parum1230 226

アンティークと、民芸。

流れるのは、

ジャズ。

わたし「カオス…」

くま「さいくん、行きますよ」

parum1230 161

サロン莉羅(りら)。

球管のオーディオのお部屋。

parum1230 195

七福の庭。

落ち着いた、雰囲気。

くま「今回は、一番小さいお部屋です」

わたし「はーい」

parum1230 200

くま「あの箱の中が、たぶん源泉井戸です」

わたし「………」

ATフィールドが、

出るかもしれない。

parum1230 165

手前に、

小さな足湯と、椅子。

庭を眺めつつ、

寛げる。

parum1230 149

お部屋は、六畳。

parum1230 153

窓を背にすると、

こんな感じ。

parum1230 156

わたし「わ、ほんとに小さい」

くま「言ったでしょ」

parum1230 150

わたし「でも何だか、落ち着くね」

くま「そうですね」

parum1230 159

窓の外。

赤い屋根の、湯小屋。

parum1230 198

くま、

満足気に、

ため息。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 泊ってみたい宿^-^

happymay35さん、こんばんは。

> くまさん、宿選びのセンスが最高ですネ♪

あ、ゴロゴローリングでくまが喜びますv

> ご主人が打つ蕎麦や夕食の酒の肴の数々に
> 行きたいわ~と思ってたお宿です。

ご主人の蕎麦は、チェックインと、部屋での寛ぎタイムと、夕食時と、
計三回勧められました(><)。

> レポがすっごい楽しみです(^^♪。
> 特に食事が~馬刺しも出ますよネ!

はわわ、ご期待に添えるかどうかわかりませんが、頑張ります。
ちなみに、記事は割りとファジーに纏めるのですが、他の方のコメントのやりとりでは、
結構感じた事をストレートにぽろっと零したりします。
ちなみに、今回のお宿はお食事がとても良いのですがですがですがっ。という感じです。

Re: のんべぇの憧れの地

遠霞さん、こんばんは。

> ここはのんべぇあこがれのお宿ですね。(略)値段もそれなりに高くて、まだ行ったことはないです。(以下略)

そうなんです。くまも“ここ、高いんですけど口コミが…もにょもにょ”という感じだったらしく、今回一番安い部屋で
お試しアタックでした。結論を先に書きますと、食事は良いんだけれど、再訪は無いね。です。ひゃー。
(記事では敢えてふわふわした感想しか書かないのですが、コメントは割りと自由度高い事に最近気づきました)

> 『夜明け前』は古典的な小説ですから、文体も古めかしいです。江戸時代の史料とか引用してあるし。しかも文庫本で4冊ですから、心して取り組まれた方がいいかも、と。余計なことですが。

遠霞さん、博識ですね!わたしはこっそりフェードアウトしそうな感じがひしひしとしてまいりました。
新訳、出ないかしら。むしろ誰かあらすじを面白おかしく(ごめんなさい)
ちなみに、“風とともに去りぬ”の新訳を先日読み終えました。人生てんこもりで(以下略)

泊ってみたい宿^-^

こんにちは^-^#。
くまさん、宿選びのセンスが最高ですネ♪
またまた素敵なお宿のチョイスで!。
ご主人が打つ蕎麦や夕食の酒の肴の数々に
行きたいわ~e-51と思ってたお宿です。
松本には、数回行っているのですが、女性同士
だとつい明神館とかに惹かれて行っちゃうので
こちらを訪れる機会がありませんでした(;・∀・)。
レポがすっごい楽しみです(^^♪。
特に食事が~馬刺しも出ますよネ!

のんべぇの憧れの地

こんにちは。
ここはのんべぇあこがれのお宿ですね。温泉街で外観だけ見たことはありますが、値段もそれなりに高くて、まだ行ったことはないです。かつては行く気まんまんだったのですが、なんとなく他のお宿に行くうちにうやむやになっていました。夕食編が楽しみです。くまさんも酔い酔いになったのでしょうか??
『夜明け前』は古典的な小説ですから、文体も古めかしいです。江戸時代の史料とか引用してあるし。しかも文庫本で4冊ですから、心して取り組まれた方がいいかも、と。余計なことですが。

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。