スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮山温泉 坐漁荘 その6~台風三個とか、理解に苦しむ~

坐漁荘 ABBA RESORTS
08 /21 2016
zagyo821 124

朝。

石畳の廊下を、てくてく。
zagyo821 096

大浴場。

こちらは、『紫苑』

zagyo821 098

脱衣場。

憧れの、

羽無し扇風機。

zagyo821 113

zagyo821 101

日差しが全面に入り、

水面は、眩しい程。

zagyo821 114

お風呂付の客室が多い為か、

大浴場では、いつも一人。

沈黙と、静けさの、

贅沢。

zagyo821 196

大浴場、『翡翠』

くまに、ぱぱっと撮ってもらう。

zagyo821 193

脱衣所側の、

茶色い石が、気になる。

zagyo821 188

なんだろう…腰掛け?

お湯に浸かっている人に向けて、

背中美人なのか。

zagyo821 198

宿の名残を惜しみつつ、

zagyo821 200

緑濃い、

夏の旅。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

HAM1826 さん、おはようございます。

> 脱衣所の石、着眼点がkumaonsenさん
> らしいですね(笑)

はっ。そうでしょうか。ご指摘を受けて初めて自覚しました。
中々、自分では分からないものですね…。

> 「翡翠」という名前は、湯船の色的には、
> 女性用の方がマッチしてるような印象ですね^^

あ、成る程!逆にその事には全く気づきませんでした。
入れ替え制なので、名前の由来はそこからかもしれません。ふむ。

No title

復活してから、精力的な記事更新ですね。
いつもながら、良質なお宿に、見た目にも
満腹感のある料理に目を奪われます。

脱衣所の石、着眼点がkumaonsenさん
らしいですね(笑)

「翡翠」という名前は、湯船の色的には、
女性用の方がマッチしてるような印象ですね^^

kumaonsen

しずかなお部屋と、美味しいお茶があれば幸せ。という地味で地道な性分です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。